はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

くりかえす

 

 わたしは、

 

いつか、

 

死んでしまうことが こわくて

 

目の前に転がってくる

 

心がおどるミラクルな展開に

 

飛び込まないと

 

 

気がすまなくなっている

 

 

 

 

 

いつか動けなる日が来ても

 

 

ひとりぼっちになっても

 

 

 

いいから、

 

 

 

自分が いちばん、

 

いい!

 

 

と思うことを

 

 

 

する。

 

 

 

ってことが

 

 自分をいちばん励ますことができるし

 

 

自分が自分を生きられる、

 

と、おもうんだ。

 

 

 

そんなことをおもっていると

 

 

 

やっぱり、

 

 

いつまでも、

元気でめきめき動いていたいし、

 

だれかと、わらっていたい、

 

 

 

死にたくない。

 

 

 

 

この世界に

 

 

 

 

 

だいすきなひと、

 

 

だいすきなばしょ、

 

 

たくさんあるの。

 

 

 

 

 

まだ、

 

 

だれにも、

 

 

ありがとうも、

 

ごめんなさいも、

 

伝えられていないんじゃないか。

 

 

わたしが いちばん

 

 

ことばの そんざいを

 

 

うたがっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

それなのに、

 

 

ことばは、うかんでくるの。

 

 


f:id:harukerorin:20170818065259j:image

だれも

みんなが

 

 

 

ちがう方向を向いているから、

 

 

 

 

世界は

 

 

 

 

オモシロイノダ。

 

 


f:id:harukerorin:20170731225150j:image

わたる

 

夏がきた!

 

 

いつのまにか、春風は旅に出た。

 

 

ゆるやかに、

 

のびやかに、

 

ゆきましょう。
f:id:harukerorin:20170711132353j:image

ただそれだけ!

 

 

「自分の目で確かめること」

 

 

 

 

ただ、それだけ。

 

 

 

それだけで、みんなうらみっこなしっ!

 

 

 

「す」からはじまることば

 

 

 

 

すなお

 

 

 

すき

 

 

 

すぐ

 

 

 

すみきる

 

 

 

 

すらいむ

 

 

 

 

すとらいく

 

 

 

 

 

すずしい

 

 

 

 

 

すいせんのはな

 

 

 

 

 

すっきり

 

 

 

 

 

 

「す」のもつ音、

「す」がハナツ空気感が

 

 

 

 

わたしは

 

 

 

 

すき。

 

 

 

 

 

 

73