はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

あなたわたし

ことばっつーもんは
とてつもなくせんさいでありながら
とてつもなくありふれている
だからこそ
つかいかたをまちがえたり
つかいかたにおそれを、いだく

ことばっつーもんはっていうよりも
きっと

ことばってものは


ってゆったほうが


なんとなく

ていねいにきこえたりとか

たいせつにしてるような


ふんいきってもんをあたえるもんなんだ

 

ふんいきというものを、ね。

 


だよね。


ことばがありふれているせかいで


ことばをだれもがとりあつかうせかいで


ことばのちからを

 


わたしは

 

たいせつにしたいし、

 

おもしろいことを、したいし、

 

せかいをひろげたい、

 

 

わたしは

 

ことば

 

 

 

ことばは

 


わたし。

 

 

そして、

 


あなたでもあるのです。

 


今宵も

 

すてきな夜を。

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:harukerorin:20170902225627j:image

これでもかというくらい

 

これでもかというくらい

 

毎日毎日泣いている

 

ここまで泣くのはめずらしい

 

 

 

悲しいとか

いろんなことがコタエテる

 

 

いつになったら

 

ぬけだせるかな

 

 

モウ

 

秋になるんだぜ
f:id:harukerorin:20170901221619j:image


傾いた三日月に向かって
歩く 一本道

星の粒が
空に広がっている

星があるから
夜空は漆黒のように思える

三日月の光が
海に黄金の道をつくる

その道は揺れて

風が手を振り
歩いてゆく


誰かの声が

聞こえる気がして


振り向いた

 


だれかに話をするとき


だれかだけではなく


星も

風も

海も

 

 

ずっと


わたしの話を聞いてくれていた

 


みんなが聞いてるから

 

「悪いこと言えないね」

 

そうやって

 


胸の中に


積もる


小さなガラス片が

 

誰かをきずつけて


自分もをきずつけて

 


そうなってしまうのなら

 


すべてを


話したら いいんだろう。

 

泣きながら

叫びながら

 

それでも


それでも

 


いいんだろうよ。

 

 

月も

虫も

波も

 


なにも言わずに

 

聞いている。

 

 

何かを言ってもらいたいのに

なにを言われるのかがこわいのだ。

 


馬鹿みたい。

 

空は

いつも


にげない。
f:id:harukerorin:20170829210215j:image

ゆだねる

 

ひとりで、

かんがえこむなら

 

もう、いっそのこと、

 

すべて、ながれに身を任して

 

すべてを、ゆだねてみる。

 

 

 

そしたら、

 

 

今が 在る

 

ことに

 

感謝が湧いてきて

 

 

 

地球に生まれて生きてることを

 

とってもしあわせに感じたの

 

 

 

 

今日まで、ありがとう。

 

 

今日も、ねむれる。

 

 

ありがとう。

 

 

 

 

くりかえす

 

 わたしは、

 

いつか、

 

死んでしまうことが こわくて

 

目の前に転がってくる

 

心がおどるミラクルな展開に

 

飛び込まないと

 

 

気がすまなくなっている

 

 

 

 

 

いつか動けなる日が来ても

 

 

ひとりぼっちになっても

 

 

 

いいから、

 

 

 

自分が いちばん、

 

いい!

 

 

と思うことを

 

 

 

する。

 

 

 

ってことが

 

 自分をいちばん励ますことができるし

 

 

自分が自分を生きられる、

 

と、おもうんだ。

 

 

 

そんなことをおもっていると

 

 

 

やっぱり、

 

 

いつまでも、

元気でめきめき動いていたいし、

 

だれかと、わらっていたい、

 

 

 

死にたくない。

 

 

 

 

この世界に

 

 

 

 

 

だいすきなひと、

 

 

だいすきなばしょ、

 

 

たくさんあるの。

 

 

 

 

 

まだ、

 

 

だれにも、

 

 

ありがとうも、

 

ごめんなさいも、

 

伝えられていないんじゃないか。

 

 

わたしが いちばん

 

 

ことばの そんざいを

 

 

うたがっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

それなのに、

 

 

ことばは、うかんでくるの。

 

 


f:id:harukerorin:20170818065259j:image