1ぴきのにんげんのおハナシ♪

1ぴきのにんげんといういきものが地球に生まれて、生きるなかで感じていること、考えていること、を、ことばにして、ここにあつめています◎

いっぱい いっぱい

 

いっぱい

いっぱいです

 

 

 

ひさびさってほどでもないか

 

いっぱい いっぱいになるターンがきた

 

 

ぐいぐい わくわく 進める期と

 

いっぱい いっぱい期を くりかえす

 

 

 

なんか 不安だったり

言葉にできんかったり

相談できなかったり

雑談も なにげないLINEも

できんくて 固まっている。

 

 

自分に 八つ当たり してしまったりして

 

 

放出できない なにか が

 

渦巻いてるかんじ

 

 

 

 

でも よそ では

なんとなく? やりすごす

 

 

 

家に帰ってからが

大変だ。

 

 

顔が〜

死んでる〜

 

 

疲れとるんよねって 言いながら

 

 

ちーん と なってる。

 

 

 

こーいうとき

 

みなさんは どうしますかー。

 

 

 

 

 

洗濯物 星空のした

干して 眠ります。

おやすみなさい。

 

 

 

 

 

 

343

 

f:id:harukerorin:20180919215724j:image

やめたいこと

 

悲しかったり

不安になったときに

 

 

わたしは

 

爪を傷つける 癖がある。

 

 

 

右足の小指さんには

ほんとうに いつも 申し訳なくなるくらい

 

 

生えてきてる ところを

ちぎって しまう。

 

 

恥ずかしいし

痛いし

やめたい。

 

 

 

がまんを 爪に 八つ当たりしてるって

 

 

わかってんのに

 

 

やっぱ やってる。

 

 

 

パートナーが

「そういうときは

深呼吸してみたら」

 

って 言ってくれた。

 

 

 

たしかにそういうときって

呼吸が浅くなってるもんね。

 

 

 

 

でも なんだか 今日は

「深呼吸」で落ち着けるくらいなら

爪 剥いてないわーっ!

 

 

って さらに しょんぼりしてしまった。反省。

 

 

 

 

涙が 出た。

 

 

 

行くあてのない

この 気持ちは どこへゆく。

 

 

 

けどな、

結局のところはさ、

 

森で 深呼吸 するのが いちばんなんよナ。

 

 

彼は それを わかって 言ってくれたのに

 

わたしは うん って 言えなかった。

 

さみしくて。

 

 

358

f:id:harukerorin:20180917224910j:image

 

 

きょうは ちょっと

へこんでるの。

もりもりもりもり

 

もりだくさんの

いちにちだった

 

 

 

朝からシャワーして

母とドライブという名の配達

草とり 草集め 袋詰め

汗が垂れた

そして初対面とは思えぬ出会いでお茶タイムというミラクル展開

帰り道のドライブは母と大盛り上がり

さいこう。

 

 

お昼に大学の友達が来て

一緒にラーメン

からの チャリで

災害時の車椅子介助講座

お話聞いて 実際にやらせてもらった

これは大変勉強になりました

また後日詳しくまとめます

そしてチャリで帰り道にお買い物

家に帰って

唐揚げづくり

すてきなビールと唐揚げたちを囲みウタゲ

テレビで笑って

今日のことで笑って

最後はLINEのテレビ電話で

離れてる仲間に電話かけて大笑い

 

 

 

すばらしかった

なにもかも

 

 

 

 

大学の頃は

ほんとうに ほんとうに

肩の力が入ってて(今も入るけど)

 

なにかをやる意味や意義を

大切に思ってたけど

 

 

もっとシンプルに軽やかに

やっていいんだって気づいて

 

 

ただただ

興味があるから やります!的な

感じで 動いてると

リラックスして 物事考えられる

 

 

気がした。

 

 

 

 

世界を 大きく 一瞬で変えるのではなく

 

 

今 自分の 手の届く範囲のことから

 

変えていく

 

 

ってこと に

 

 

切り替えた。

 

 

ああ、あのころは

世界の不満を嘆いて 悲しんで 怒ってばっかりだったなって。いまは思える。

 

 

それを 卒業して

 

今、こうやって 動いてる。

 

 

あのころの 思いは原動力。

 

 

仲間もいるし、

 

自分の 居場所で

精一杯 やる!!

 

 

 

 

 

656

 

 

f:id:harukerorin:20180916222953j:image

 

晴れた

 

久しぶりの

 

お日さんの 顔を見た

 

 

 

 

とてつもなく  まっすぐで

あったかかった というか

あつかった

 

 

まっすぐ

な まなざしで

 

おたがい

おはなし できるのは

 

ほんとうに ありがたいことです。

 

 

 

いっしょに わらえるのも

 

ほんとうに すてきな ことです。

 

 

きょうも 人生の

大切な いちにち が 終わりました。

 

 

おやすみなさい。

 

179

 

f:id:harukerorin:20180915230208j:image