はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

雷様と1ぴきの動物

しろいそらからふってくるのは、雨

 

 

 

*

 

きのうの雨のかえりみち、

 

わたしは見てはいけないようなものを見た気がした。

ひとりぼっちで、それを見てしまった。

 

 

 

採石場のような場所は山の素肌、石がむき出しで、鋭い雨に打たれている。

絶壁からの土砂の滝、それは激しく下に向かって、川に落ちて流れる。

 

 

 

 

わたしは絶叫せずにはいられなかった。

 

 

 

 

悲しみのような怒りのようななにかがあふれてきて、

 

 

動物の私が吠えた。

 

 

 

 

ことばにならない、なにかを、唸り、叫んだ。

 

 

 

 

*

 

 

 

山に「痛かったよね」って言うし、

石に「さみしいよね」って言う。

 

 

 

暗い空に濡れた森の中で、1ぴきの動物はそう、したの。

 

 

 

 

 

大雨に打たれながら、

からだは冷えてゆく、

雹のような粒も降ってくる。

 

原付で、落石注意のみちを走り続ける。

 

 

 

 

だれかに「こわいよたすけて」を言いながら。

だれかに「ごめんなさい」を言いながら。

 

 

 

 

 

ほんとに人間は、か弱き、いきもの。

 

 

 

 

*

 

 

今日も雷様はだれかとおはなししている。

 

 

わたしたちはイヤホンなどをして、雨音も雷様の声も聴かずにいられる。

 

 

この、耳をふさいでいられる時代。

 

 

SNSなど、ひとごとを覗いて自分のことから目をそらすことのできる今。

 

 

 

わたしは、きのうの動物の声を、

ゆっくり、ゆっくり、にんげんのわかるようなことばにしてゆきたいし、

ことばにせざるをえない衝動にかられている。

 

 

 

雷に打たれた。

 

 

わたしは目をヒラキ、

 

 

 

今日もこの地に眠る。

 

 

 

 

 

だれもが守られ、生きている。

 

 

 

f:id:harukerorin:20170601173858j:plain

*

 

589

328

 

みつめあって、

 

とどけたいことばをくちにする。

 

 

 

テレパシーは、

 

届くか届かないか、わからない。(      )

 

 

 

 

声(音)として、この部屋(空間)に響かせること。

 

 

声(音)として、この世界に在るものにすること。

 

 

 

 

あいての、ひとみをみつめること。

 

 

 

 

 

お互いが、存在として「在る」ことを確認しあうこと。

 

 

 

 

 

135

f:id:harukerorin:20170530181150j:plain

キョリ

 

 

 

会いたいなあ、と思って、

 

会いたいとれんらくをできる

 

 

 

 

会いたいけどなあ、と思って、

 

あえてれんらくせずに、

 

てがみを書けるキョリが

 

 

わたしには、

 

このうえなく、

 

 

しあわせなのです。

 

 

 

 

ツノルオモイガコトバニナッテ

 

 

アエルトオンドガウマレル

 

 

 

*

 

 

 

きょうのできごと

 

 

たまたま生存確認のメールを送ってくれた油絵描きさん

「いきとられますか?」

 

ことばをもらうと、すこしなにかがうごく。

 

前にもらった、アトリエまでの手書きの地図。

 

暑い日差しは鋭く、それでもきょうは頑なに日焼け止めを塗ろうとはしなかった。

「これでいいのだ」歩き出す。

 

 

手書きの地図をたよりに、裏に生えていたドクダミをたずさえて、ゆく。

 

 

この辺のはずなのに、たどりつけない。

 

 

 

しょうがない、しょうがない、ふりだしにもどる。

 

 

もういちど歩き出す。

 

 

 

横断歩道をわたってみる。

すると、前に見せてもらったアトリエの扉。

 

 

 

ああ、ついたんだ、。ついた。ついた。

 

 

 

「あつかったよ」

 

 

 

 

昨日パートナーのつくった激辛カレー(辛すぎて、泣いた)をパンに塗って食べり。

パンはやさしく、カレーも冷えているので昨日ほどの攻撃性はなく。

 

めずらしく、食パン2枚をたべることができた。

 

 

 

 

話すことをハナシ、

離すことを放し、

すこしこころかるくなったら、

 

 

「はたけにゆこうか」の声。

 

 

 

ついていってみよう。

 

 

 

 

歩いてみるとなかなかのキョリ。

 

 

「アトリエからここまでの20倍のキョリがあるよ」

 

 

20倍とは。。。。。???!はてながとびまわる。

 

 

とにかくあるくのだ。

 

 

 

 

とちゅうにあるケーキ屋さんに恋しながら

ラーメン屋さんに話しかけながら、

焼肉屋さんに手を振りながらあるく。

 

 

 

*

 

 

 

そうそう、きょうはなんとなく町のどこかでパートナーと会えるような気がしていた。

 

何かを買い出しに行くと言っていたし。

 

わたしはだれかと歩いているのだし。

 

 

これは会えるかもしれない。と思い続けて歩いた。

 

 

 

歩道橋の前に差し掛かると

長い角材を積んだ白いトラックBDF、信号を待っている。

 

 

これはまさか!!!!

 

 

 

アイラブ!

 

 

手をふる。ふりかえしてくれる。手。

 

まわりの車のひとが、きょろきょろ、わたしを見ている。

 

 

 

あの瞬間、手をふることだけ、

手をふることだけしか、考えず、

そのうれしさで心が満たされた。

 

 

 

 

会いたいと思うと、会えるのだ。

 

 

 

 

 

 

*

 

 

 

奇跡の信号からわたしはまた歩き出せた。

 

 

 

 

畑まではまだあるみたいだ。

 

 

なかなかに遠い。

 

 

 

 

 

歩く。用水路を沿って。

 

 

前から軽トラが来たので端によける。

 

 

 

 

あれ?スピードゆるめた、、、とおもったら、

 

だいすきな山のお師匠さまだった。

 

 

「なにやっとるんだ」と、聞かれ

 

「いまからともだちに畑に。。。」

 

 

「元気にやっとるんか」

 

「なんとかやってます」

 

 

 

 

「たまには顔出せよ」

 

 

 

あたまをボカリっ!

 

 

 

ごつんとされました。愛のコブシ。ありがたやああ。

 

 

 

「ありがとうございます」

 

 

 

 

*

 

 

奇跡の再会を立て続けに、

 

 

 

絵描きさんのイザナイに

 

 

感謝。

 

 

 

 

今に感謝。

 

 

 

 

 

湧きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんのかえるさんにも会えて、草木の揺れるすがたに目がよろこぶ、

 

そんなひるさがり。

 

 

 

 

土器にも出会え、野外の接合タイムもゆかい。

 

 

おいしい、ラーメン、

 

おいしい、やさしい、ことばもいっぱいもらって、

 

 

おなかいっぱい。

 

 

 

 

「すきにしたらいいよ」

 

 

 

「うん!すきにする!」

 

 

 

 

 

 

*

 

 

手紙じゃ触れられない、

 

温度。

 

 

 

会えるキョリ。

 

 

 

そのキョリに在るのだから、

 

 

 

なにも、かもを、

 

 

なにかをはさまなくてもいいの。

 

 

 

 

 

 

このキョリにありがとう。

 

 

 

 

 

f:id:harukerorin:20170529211251j:plain

 

1363

 

 

 

(いま、携帯電話がこわれているので、電話などはできません。れんらくはPCを開いているときだけになります、harukerorin@gmail.comメールが通じやすいかな。手紙、送りたくなっちゃったひとはメールに聞いてくださいな。会いたくなっちゃった人もとりあえずメールで。そっから、はじまりはじまり)

じぶんに

 *

 

じぶんはいっしょうじぶんがめんどうみて、

じぶんはいっしょうじぶんのままで、

 

わらったり、ないたり、おこったり、よろこんだりしていきてゆくのだから、

 

 

 

うれしいことばをじぶんにかけたげたいね。

 

 

やさしいことばをじぶんにかけたげたいね。

 

 

だいじにだいじにしてあげたいね。

 

 f:id:harukerorin:20170524222223j:image

 

 136

オト

 

 

おとうさんとおかあさんがおみせで仕事しながらおしゃべりしている。

 

 

ともちゃんが弾くピアノがきこえるね。

 

 

 

 

 

だいすきなひとたちのこえに、おとに、あんしんして、

 

 

 

 

なんだかなみだがあふれてきた。

 

 

 

 

足音

 

蛇口をひねる音

 

水がバケツに落ちる音

 

花切りばさみの音

 

下の葉っぱをふんずける音

 

足音

 

花の冷蔵庫を開ける音

 

ひんやりする。

 

 

 

みんなでごはんをたべられるのがうれしいな。

 

 f:id:harukerorin:20170524222509j:image

 

 

 184