はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

だれも

みんなが ちがう方向を向いているから、 世界は オモシロイノダ。

わたる

夏がきた! いつのまにか、春風は旅に出た。 ゆるやかに、 のびやかに、 ゆきましょう。

ただそれだけ!

「自分の目で確かめること」 ただ、それだけ。 それだけで、みんなうらみっこなしっ!

「す」からはじまることば すなお すき すぐ すみきる すらいむ すとらいく すずしい すいせんのはな すっきり 「す」のもつ音、 「す」がハナツ空気感が わたしは すき。 73

もうすぐ、死ぬのかなあって

もし、そろそろ死ぬのやったら、 今日のうちに、 彼に自分が作った料理を一緒にたべたい、 一緒にいたいなあって思った。 だから、すこし疲れてる彼に、そう伝えた。 「いいよ」って言ってくれた。 * 最近、「そろそろ死ぬんかなあ」と思う。 いたって元気で…

ただそれだけのことが

ありがとうっておもったらありがとう!って言うし、 いやだって思ったらいやだ!って言う。 だいすき!って思ったらだいすき!って言うし、 ごめんなさいって思ったらごめんなさいって言う。 ただそれだけ。 ただそれだけのことが、 このうえなくきもちのよ…

完成したら興味がなくなる

「作り上げる作業、その真っ只中、最中が おもしろい。」 「完成したら興味がなくなるけえ。」って言っちゃう、 あなたがかっこよくて、恋したんだ、と。 手際の良さ、 鉛筆を耳にかけて、 別に私と目があっても、笑いかけてはくれない、 それほど、目の前の…

「と」

胸の奥が 「どこかにゆきたい」 「ここからとびだしたい」 そんなふうにさけぶなら、 それは、ほんとうに、そういうことなのだ。 胸の奥から出てくるそれを 。 聴いて、 そのように、してみる。 「自然な流れ」に流れて行ける気がする。 * 胸の奥の声を封印…

キョウミタユメ

うみのなかをおよぐ、ただよう海藻をよけながら、うみに身をまかせるすこしむりをして、海の中から空を仰いだ。母が牡蠣捕り放題の筒状の水槽を潜る。隣りの筒にだれかが潜る。牡蠣ではないなにかが捕れる。妹がとなりでなにかを言っている。「なんかもらえ…

みっつ

直感 言葉 行為 が、 すべてを つくりあげているっ!!! ごきげんソングはビートルズ♪ なんて言ってると、 まさかの痛恨のミス!! 発覚!!!! 悲劇は喜劇である!!!! たこやきは、あしたにおあずけだ! 92

雷様と1ぴきの動物

しろいそらからふってくるのは、雨 * きのうの雨のかえりみち、 わたしは見てはいけないようなものを見た気がした。 ひとりぼっちで、それを見てしまった。 採石場のような場所は山の素肌、石がむき出しで、鋭い雨に打たれている。 絶壁からの土砂の滝、それ…

328

みつめあって、 とどけたいことばをくちにする。 テレパシーは、 届くか届かないか、わからない。( ) 声(音)として、この部屋(空間)に響かせること。 声(音)として、この世界に在るものにすること。 あいての、ひとみをみつめること。 お互いが、存在として…

キョリ

会いたいなあ、と思って、 会いたいとれんらくをできる 会いたいけどなあ、と思って、 あえてれんらくせずに、 てがみを書けるキョリが わたしには、 このうえなく、 しあわせなのです。 ツノルオモイガコトバニナッテ アエルトオンドガウマレル * 【きょう…

じぶんに

* じぶんはいっしょうじぶんがめんどうみて、 じぶんはいっしょうじぶんのままで、 わらったり、ないたり、おこったり、よろこんだりしていきてゆくのだから、 うれしいことばをじぶんにかけたげたいね。 やさしいことばをじぶんにかけたげたいね。 だいじに…

オト

おとうさんとおかあさんがおみせで仕事しながらおしゃべりしている。 ともちゃんが弾くピアノがきこえるね。 だいすきなひとたちのこえに、おとに、あんしんして、 なんだかなみだがあふれてきた。 足音 蛇口をひねる音 水がバケツに落ちる音 花切りばさみ…

スキップすきっぷ。らんらら~ん

なにもかもことばにしてしまわないこと。 ナニモカモコトバニシテシマワナイコト。 なにもかもことばにしてしまったら、 おもいこんでしまう。 なにもかもことばにしてしまったら、 きめつけてしまう。 なにもかもことばにしてしまったら、 そのうまれたこと…

マエフカ

たいようがまぶしい朝 おきにいりのいすに座って、 ぱそこんを鳴らす。 南の島は遠かった、 別世界だった。 湿気にからだを包まれて、 蚊にずいぶん自分の血をもってかれた。カユイカユイ。 すこしばかり、 いろんなことに気がまわらなくて、 しょんぼりした。 116

なつかしい

なつかしいきせつ なつかしいことば なつかしいあじ いつのまにか からだがおぼえている なつかしさ なつかしさのなかに わたしのタネがある いまの目のつかれも なつかしい このきせつ いろんなことをおもいだす そして、 うごきだせるのだ 105

はは

おかあさんとちょっとでんわでしゃべるだけでなんかげんきをもらうおちつくあんしんするこれが守られてるってことかぁこれが母の愛のちからかぁすごいなあありがとう77

むちゅう

夢中になるとき。 わたしはおしっこをがまんする! 「ああ!、でも、っもうちょっと!!」 * そんなひとときが可笑しくて、たのしい。 夢中になるひとときがサイコーにすき! 息をするのも、わすれてるような、勢い。 そう、このまま、 このまま、どこまでも…

ぽわんと

きょう、ぽわんとうかんできたことば 大地にかんしゃとほほえみ、ぬくもり 「だいじょうぶだよ」のことば 48

もう、ほんとうにだめなんじゃないかって思ったりもするんだぜ

もう、ほんとうにだめなんじゃないかって思ったりもするんだぜ * わたしは ひとつの社会(会社)という木から落ちた、。飛び下りた。 春も木から落ちる、とびおりた。 わたしののぼりたい木は そこではなかった。 * そのために、 みんなとはちがう今を生きてい…

naniwo?

にんげんって、みんな、ほんとにスナオだとおもうの。「だれかが言ってたから」会ったこともないひとのことを、知った気になってしまう。なんておそろしいんだろう。みんな、スナオだから、みんなが、それを信じて、勝手にイメージする。ほんとうに、そうな…

DOUSHITE

NANDAKA, MAINICHI, IROIROATTE, ATAMAMOKOKOROMO OITSUKANAI. DOUSHITE, KONNANIMO, DOUSHITE KONNANIMO,

マンゲツノヒ

マンゲツノヒ ワタシハ ワタシヨリハルカムカシニ コノヨニウマレタ ショウジョノエガオモ ナミダモガコボレルノヲミタ ダレモガイダクカナシミヨロコビ ワタシハソノトナリニイラレルコトガ ナニヨリモウレシイ キョウ アメフリダッタカラ ワタシハアナタト…

ティッシュ

さいこうやなと思えるまいにち。わたしの幸せ中枢がマヒしてるのか、よくわかんないけど、いつもしあわせなんす。あほみたいに重たい荷物を背負って、歩く東京。電車賃払うのがいやだから、ひたすら歩く東京。東京、目に入るものが渇いてるように見えた。東…

いい意味で「意味わからん存在」

【いい意味で「意味わからん存在」】このことばを、だいすきな後輩からもらった。彼のことをなぜかやたらとおうえんしたくなるし、いろんなことをそそのかしてしまう!いろんなことを吹き込んでやろう!*わたしはずっと「意味」を求め続けてきた。大学生のこ…

やりたいかやりたくないか

動き出すのがこわくなったりしたら、 できるかできないかじゃなくて やりたいか、やりたくないか! そしたら、やるかやらないかがわかる!!! そんな気がしたよ。踊る阿呆に見る阿呆おなじ阿呆なら踊らなソンソン!みんな踊る人生を!

使い切られたトイレットペーパーを新しいのに替える。そんな人生を送りたい。

使い切られたトイレットペーパーが待つ、 トイレにわたしは、入りたい。 小学生のころから、 トイレットペーパーがなくなってるトイレに入るのが、 わたしにとってのちいさなラッキーだった。 * トイレットペーパーがなくなってたら、 わたしは、新しいトイ…

ひたすらに

ただ、ひたすらに、 じぶんのたましいを、 じぶんのいのちを、 おもいっきり、つかいきるくらいに、 それらを、 この世に放っているひとってのは、 ほんとうに、うつくしい。 それは 音楽であったり、 言葉であったり、 絵であったり、 いろんなかたちで、…

デモなんかやったって、何が変わるというのや

「デモなんかやったって、 何が変わるというのや」 そんなふうに、 こころの底のどこかで あきらめていた、 そんなふうに、 かなしんでいた。 そんなふうに、 憤りをかくしていた。 * よく晴れた、 今年の311 私は名古屋で行われた 「3.11原発ゼロNagoya Ac…

露出ってたのしい♪

メキシコに行って、おもったこと。 {{{{{ 露出ってたのしい。}}}}} あははは♪ 日差しの強い、メキシコで、 おきにいりのワンピースをひらひらさせながら歩く♪ 「たのしい~~✿」 ああ、こうやって、 わたしは、 おんなのこに生まれたことを楽しめるのや、 …

筆順からはノガレラレナイ?!

メキシコに行っているあいだ、 よく字を書いた。 そこでの気づき。 * 字を書いていて、 ちょっと待てよ?と、手が止まった。 そしてわらける。 字を普段何気なく書いているが、 小学校のころに教えられたことをただただ教えられたままに書いている! 漢字も…

ふふふ?

IIIKANNJI♪ いいかんじ♪ たのしいたのしい、 ことばがたのしい。 ことばがおもしろい。 ことばの存在を よろこべる瞬間。 だいすきだいすき。 音楽にのりながら、 ことばとあそぶのがたのしい。 ありがとう、 ここに刻まれることばたち。 よろしく! 115108

81

81さいになる親戚のおばちゃんが お彼岸なのでお供え物をもってやってきてくれた。 彼女はいつだって、 おしゃれで、うつくしい、 そしてよくしゃべる。 はきはきとした物言いが いかにも阿波女。 81年も生きると、 いろいろあるだろうなあ、 そんなこと思い…

はじまるよ

すばらしいね。 ひびきあってる。 ぐうぜんのであいが、こんなにも、うれしいものなんだ。 * さあ、はじめようじゃないか。 さあ、はるがくるよ。 わたしのきせつだ。 うまれるぞ、うみだすぞ、 ハカイがくりかえされるこの世の中で、 なにが、かがやいてい…

ただいま

とくしまにかえってきたいつも降りることはない佐古駅で降りる母と弟が車で迎えに来てくれた。はじめての母とのハグ。彼女はハグをぎゅっと、頭をよしよしなでてくれた。ハグをしてもらったことがうれしくてでも、なぜかわたしの左手は彼女のおっぱいを揉ん…

ハナス

話すことでじぶんのなかにあるなにかを放すのだと思った✴︎解き放つ思い、感覚、望み✴︎春がくる花が咲きはじめているいろんなことを手放す時期かもしれないね73

このごろ

にほんについてあらためて かんがえる、かんじる、しるまいにち。 メヒコから帰国するまえから、 ずっとむねがくるしい。 なにかが、 ひっかかってるような、 なにかが、 だしきれてないようなかんじ。 メヒコで、 いっぱいのわらえることもよろこびもあった…

よくわかった!

メヒコにいる1ヶ月のあいだ、 パソコンを持って行っていなかったから、 コトバをひろいあつめるのが、ほんとうに!たいへんだった! ことばがつぎからつぎへあふれでてくるのをつかまえられない~!と何回も嘆いた! パソコンの便利さ、 パソコンという存在…

なにもちがわないとなにもかもちがう

そらがあってかぜがあってたいようがあってつきがあってほしがあるはなはさいてとりはとんでむしはあるくいぬはよってきてねこはめをつむるくもはながれてかわはながれるひとびとはことばでなにかをはなすおんなのこは甘いものとかわいいものがだいすきおと…

日々のまにまに

うつくしい日々をありがとう。かなしい日々もありがとう。わらえる日々にありがとう。

生きてる証拠

うまれていちども泣いてないひとっているのかなうまれていちども笑ってないひとっているのかなうまれていちども怒ってないひとっているのかな泣くことも笑うことも怒ることもぜんぶぜんぶ恥ずかしいことじゃないぜんぶ息をするのとおんなじ生きてる証拠泣い…

〇〇を守ろうとかって言うけどほんとは守られてるわたしが守られてるえらそうなこと言いたくないの

gracias

ああ、もうこんなにも広い世界を誰もがすべてを知ることができないだからこの世にはこんなにも多くの人がいるのだ。✴︎飛び込んだ世界で刺激を受けつつ、多くの出会いがわたしを助けてくれている。そんなしあわせな日々に思い出した、あのだいすきなえがお。✴…

続 愛のポテチタイム

このまえは、 家族に思ってたこと、 いろいろつらつらと書いた。 あの日、 おかあさんと電話して、 たくさんわらって、 そのつぎの日、 おとうさんと電話して、 照れた。 * たいせつでたいせつで、 照れくさい。 家族だから、照れくさい。 ってのがあるんだ…

おおきなおおきな愛

生きてるうちに 届けなきゃ 生きてるうちに 届けたい わたしは 手紙屋 心が動く瞬間 手紙を書きたくなるの * またひとり、 届ける間もなく 遠いお別れ。 * うなるように泣きじゃくった朝、 わたしはもう、 今だって生きてるんだから もっともっともっとフル…

愛のポテチタイム

ぷーーーーーーー ぴーーーーーーーーーーーーー ぷーーーーーーー ぴーーーーーーーーーーーーーー? きょう、まちをあるいていて、 はじめておとうふやさんが笛を吹いてあるいてるのを見た。 なんて、かわいい音だ。 笛を吹くお兄さんは 空を向いて、吹い…

あっちむいてほい

「良い子にしてっ!!!!」 って すごいイワカン。 この世に、 悪い子なんかいません。 ただ、 ちょっとふりむいてほしいだけ、 ただ、 ただ、 さみしいんだ。 70

そっとやさしく

戸を ていねいに 開ける人がすき しぐさひとつに でてくる そのヒトガラ 32