読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

さあさ明るく手拍子打って

お盆が来た。

 

夏の真っ盛りであるということ。

 

阿波おどりのぞめきが体に染み付いて取れない。

なにの集団なのか?ということをよく聞かれるけれど、

そこはあまり大事ではないのかもしれない。

 

ただ、阿波おどりをしたい。

 

それだけで集まっているのだから。

 

だれがいてもいいんだと思う。

 

生まれた場所も、職業も、得意不得意も、国籍も、年齢も、

男女も、鳴り物ができるかどうか、連、なにも関係ない。

 

ただ、おどればいいんだ。

 

こんな空間が自然とできている

徳島ホルスタイン連は最高の自分の居場所だと思った。

 

小さい頃から阿波おどりに連れていってもらって、

今でもうし連として踊れることがうれしい。この上なく。

 

どんな有名連にもない、なにかがある。

 

それは言葉で表現することはできないけど、

なにかあるんだと思う。

 

徳島に生まれて良かったっておもうし、

花屋に生まれて良かったっておもうし、

ホルスタイン連で良かったって本当に思うよ。

 

すきで、すきで、すきで、すきで、たまらない。