はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

川でまた。

川の学校同窓会キャンプがあった。

 

いまのわたしがあるのは川の学校で種をまいて、

のびのびすきなようにさせてもらえたから。

ぜんぶをうけとめてくれたから。

 

わたしがわたしの言いたいことを言っていいし、

やりたいことをやったらいいと教えてくれた。

 

山や川がすきだった、そのぶん人間がだいきらいだった。

でも川の学校にきて、人間っていう存在についての考え方が変わった。

 

川の学校がなかったら、わたしはどうなっていたのかな、

わからん。あはは。

 

同窓会キャンプは一泊2日、鮎喰川大日寺裏の川原。

70人のあつまるキャンプ。

いやはや、よくもまあ、集まりましたねえ。

 

しかも同窓会隊長になったために、よけいにそわそわ。

 

お天気は最高に雨。

曇りか雨。雨は時に大雨ざーざーぶり。

 

それでも、関係なしに川ガキたちはあそぶのじゃ。

 

川に入ったら雨も関係ないしな。

増水には気をつけるけれども、今回その点は大丈夫だったから。

 

小学生からウン十歳の人生ベテラン組も集まり、

人の多様性を知る、ええ機会にもなったねえ。

 

ほれにしても、たくらみ隊での密な作戦会議こそ、

いちばんスリルあったかも。

 

川ガキ大先輩とのやりとりは、

えらいおもろい。し、くやしい。

 

かっこええなあ、すきやなあ、思いながら、話す。

 

追いかけて、追いかけて、追いかけて。

 

一緒におれることも嬉しいのに、

一緒にキャンプをつくりあげられたのはこの上なく、しあわせだったねえ。

 

これだから、毎年川に、行くしかないのさ~。

 

ありがとう、川。

あいしてるぜ、川ガキども。