はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

夢のなかで

夢をみる。

 

ほぼ、毎日、

夢をみる。

 

だいすきな歌うたいと晴れた空の下、原っぱのうえでころげる。

うれしかった。

 

今夜はどんな夢をみるだろう。

 

誰と夢で会えるだろう。

 

歌うたいや、映画に出てくるひとが

どうしておなじにんげんであるように感じられないのか。

 

すきで、すきで、すきで、たまらないうたをうたう、あのひとだってにんげんなのに。

 

悲しみがあって、悩みがあって、好きな人がいて、怒りだって、

あるのに。

 

たくさんの想像をしてしまうからだろうか。

 

いつか、目の前に来たら、

なみだが出ると思う。