はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

わからなくなっている、

結局のところ、

だれかと同じ表現の方法をつかわないと、

わかってもらえないんだと思った。

 

だれとも違う表現の方法であれば、

理解されないけれども、たったひとつの、表現の産物になる。

 

自分の中で何が変わったのか。

 

すげえ人と出会って、

怖気づいたのか。

 

すげえこわい世界、現実をのぞいて、

自分の無力さを思い知ったのか。

 

自分に力があると思っていた。

のに、なかった。

 

自分はただの一人の学生に過ぎなかった。

 

自信がさらになくなってしまった。

 

何も信じなくていい。

 

そうやって、アラテツはいうけど、

 

やっぱり誰かを信じたいと思ってしまうし、

だれかに縋りたいと願ってしまう。

 

今、

自分はがんばってないのかな。

 

頑張ってなかったらだめなんだろうか。

 

そうは思えない。

 

がんばらなくてもいい、

 

そうおもう。

 

これは、なんでだろう。