読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

紅葉する

紅葉する木を、森を見ながら大学へ来る。

 

太陽がまぶしく照らして森はきらきらと鮮やかに輝く。

 

冷たい風が吹いても、揺れる木々が体を揺するようでおもしろい。

 

そんな自然を思い、あいさつをして、話しかけているときこそ

いちばん心が安らぎ、うっとりとする。

 

一緒に、そこにいることがうれしくて、

ただただ、きもちがいい。

 

私は言葉がこわい。

 

言葉を発することに恐怖を覚える。

 

本当は何も言いたくない。

 

言葉なんていらないと私はおもう。

 

意思疎通ができないと言うけれど、本当にそうだろうか。

 

言葉だけが人とつながるためのツールだろうか。

 

 

決して言葉だけではないとおもう。

もちろん、言葉は便利なものではある。

 

かといって言葉が絶対的なもののように信じることは恐ろしい。

 

どうしてこんなにも疑ってしまうんだろう。

どうしてこんなにも信じられないんだろう。

 

言葉は大事すぎて、こわい。

 

もういっそのこと、

ことばをなくしてしまわないかい。