はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

恐れ2

言葉を恐れずにはいられない

言葉がこわい

言葉がこわい

情報である言葉がこわい

そこらじゅうで発せられる言葉がこわい

言葉がこわい

言葉を信じることができない

言葉があふれていることをよろこぶことができない

言葉だけで判断できない

自分の言葉さえも信じることができない

自分の言葉こそ恥ずかしい

言葉とは何なのか

何気なく使い、そこらじゅうにありふれているもの

言葉で人は傷つき、救われる

言葉がなくなれば

それでも人はだれかとつながるすべを

さがすよね