はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

見えること見えないこと見てないこと見ないこと

ダイアログイン・ザ・ダークに行った。

 

光のない、真っ暗闇の中を初めて会うひとたちと歩く。

案内してくれるのは視覚障害者と呼ばれる方。

 

暗闇の中、

視界は闇。なにも見えない。

 

 

それでも私はなにか見えた。

 

声、手の、体の動く気配。人の温度が見えた。

 

 

目だけが見ているのじゃない、

耳や肌でも見える。

 

 

真っ暗闇のなかは、

目から入ってくる情報がない。

 

 

だから、

「チビのくせに」や「ブスのくせに」、

「デブのくせに」、「メガネのくせに」、

「美人のくせに」、「イケメンのくせに」、

「出っ歯のくせに」、「色黒のくせに」、

 

とか、

 

そういう人の容姿にとらわれることなく、

 

その人の声のやわらかさ、

話すスピイド、話し方でそのひとを想像する。

 

そのひとのあり方が浮き出てくる気がした。

 

 

それに気づくと、

いかに自分が目で見た情報に揺られているのか、

目で見たままだけのイメージをつくっているか。

 

よぉ~くわかった。

 

普段、

見ているのに、ほんとうは見えていないのかもしれない。

 

目で見たものがすべてじゃない。

 

 

「見えること見えないこと見てないこと見ないこと」

 

 

これって、

なんだとおもう??