はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

このうえない

ふりつもったゆき

 

 

だれも歩いていない

 

まっさらな雪のうえをあるくよろこびがこのうえない!!

 

 

あしあとをつけてあるく。

 

 

だれも歩いていない道をあるく。

 

 

そんなふうに生きてみたい。

 

 

 

 

山に行くと、

山の生きものたちの足跡がある。

 

雪が教えてくれる、

生きものたちの歩く道。

 

そこを歩く生きものたちの様子を想像する。

 

すると、また、うれしくなっちゃう。

 

 

 

ほんとうは、

 

 

ゆきがなくたって、

 

歩いた道には足跡がついている。

 

 

 

目に見えない足跡。

 

通ってきた道。

 

 

どんなところにも。

 

山登りにいく道、

スーパーからの帰り道、

ともだちに会いに行く道、

トイレに伸びる道、

 

足跡はどこまでも、

 

歩き続けるかぎり。