読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

失ふこと

小さいころ、

テレビや工事現場や新聞をなんとなく見て、

悲しくなっていた。

 

 

切られてしまう木、

住処を追い出されてしまう多くの動物、

埋められてしまう大地、

溢れかえるごみ、

空気も汚れているように見えた。

 

減ってしまっている多くのいのちを想い、

涙を流していた。

 

 

かなしくて、かなしくて、

くやしくて、さみしくて、

なんて、いやな世界なんだ、

 

 

どうして大切にできないんだろう、

あんなにもきれいな森を、川を、海をどうしてこわしちゃうんだ。

どうして。そんなんしたら、死んでしまうやん。

 

 

 

ずっとそう思っていた。

 

 

 

今も、失われている自然。

壊されてしまう大切な場所。

堰き止められたままの川。

 

 

 

こんなにも愛しいものを、

奪われてしまう感覚。

 

 

 

 

自分のからだが引きちぎられる、

切り刻まれる、押しつぶされるような感覚。

 

 

 

22歳になりかけているわたしは、

嘆くだけ、悲しむだけ、怒るだけで終わってたまるか。

 

 

 

感情だけで語れることは少ない不思議な世の中。

 

 

 

 

それでも、わたしは、わたしのことばで。

それでも、わたしはわたしの感じるままに。