はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

ラブレター

ときどき、

自分があつめたことばを読み返して、

可笑しくなる。

 

おもしろい。おもしろい。

 

その瞬間にしか、

出てこないことばばかり。

 

それはとても尊くて、

そのときの自分がそのまま浮き出てくる。

 

 

もう一生こんな風に、

ことばは出てこない。

 

 

それが本当に、

うれしくて、

 

今、こうして

今、あふれることばをつかまえることができて、

とてもしあわせなきもちだ。

 

ラブレターを読み返すと、

それはそれは鮮明に、

悲しかったこと、うれしいこと、

たのしみなことが詰まっていて、

 

わらっちゃう。

 

 

ことばはたからもの。

 

こんなにもどこにでもありふれているものだけど、

 

ことばはなにかをまもる武器になり、

ときにはなにかを失う武器にもなる。

 

 

いつだって、

だれかへのラブレターを紡ぐように。