読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

やめられない、とは。

わたしが21年間(もうすこしで22年間)

生きてきて、やめられないものはなんだろう。

 

 

息。

 

とか、そういうからだのことではなくて、

どうしてもやってしまう、そんなたぐい。

 

 

わたしのばあい、

「なにかをさがしてしまう」

「いま目に入る世界をもっと見たくなる」

 

初めて行く場所でも、

何度も通い詰めている場所でも。

 

ああ、ここにきっと、なにかいる。

それはちいさな虫なのか、いきものなのかわからない。

 

 

 

「遥か大昔の景色を思い浮かべてしまう」

 

 

バスに乗ったときに、よくしてしまう。

田んぼを見て、ずっと前からここは田んぼだったのかな、

 

お墓を見て、このお墓は平安時代にもあったのかな、

 

大きなビルや交差点を見て、ここがどんな街だったのか、

どんな人が行き来していたのか、ああ、アスファルトで固められる前の地面が見たい。

 

とか。

 

そんなときに川が流れていたら、

気持ちがおちつく。

 

川は、大昔から流れ続けているから。

流れることをやめないから。(ひとが堰き止めたりしないかぎり)

 

 

 

「ここであそぶことをかんがえてしまう」

 

 

ああ、あの木、のぼりたいな。

 

あの川原で尺八が吹きたいな、

 

このマチのど真ん中で糸電話をしたらどうなるかな。

 

 

 

とか。

 

 

 

たばこがやめられないってきくけど、

わたしはそれらがやめられない。

 

 

なはは。

きょうも、いい天気だし。

 

もう、春だし。