はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

包まれる

お話をしていて、

わたしがどんなに落ち込んでいる時も、

一定のテンションで

一定の空気をつくりだしてくれるいひとがいる。

 

 

それはどんななぐさめよりも、

こころを落ち着けてくれて、

こうして今も時は、自分は進み続けていることを思い出させてくれる。

 

 

どんなときも、

状況は変わる。

 

 

もう朝が来ないかもしれないし、

月が家出してしまうかもしれないし、

水がオレンジジュースになるかもしれない、

ダムが消えるかもしれない、

戦争がなくなっているかもしれない、

 

 

そんな空想をしては、

 

また今日も起きた事件やニュースを見て、

どこにも逃げられない焦燥感を感じる。

 

 

どんなに世界が変わっても、

 

わたしはわたしでありつづける。

 

わたしが変わったとしても、

わたしはわたし。

 

 

あそびたいなあ、

川に行きたいなあ、

そんなことをつぶやいている。

 

f:id:harukerorin:20160312114012j:plain