はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

おたからはすぐそこに

わたしにとってのごみが

あなたのたからものなのかもしれない

 

あなたにとってのごみが

わたしのたからものなのかもしれない

 

小学校の頃、

毎朝クリーンタイムがあった。

 

桜の季節は竹ぼうきで

ザッザと桜の花びらを掃き集める。

 

いつもは塵や埃、ごみを集めるほうきで

桜の花びらを掃く。

 

なんだかとっても不思議な感覚で、

 

桜の花びらを集めるほうきは、

春があふれる魔法のほうきのようで。

 

 

あつめた花びらを

手ぇいっぱいにすくい、

空におもいっきり

ほうりなげる。

 

ひらひら舞い落ちる花びらが

うれしくてうれしくて

何度も舞い上げる。

 

 

春になれば、いつも思い出す。

 

ごみとされるものがわたしのたからものになる瞬間。

 

 f:id:harukerorin:20160316120638j:image