読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

心の窓を

3/23満月の夜に残した手紙をいまここに。

今宵、鳥取の満月は隠れているけれど、

ぼんやりと空が明るいよ。
満月の夜なので、ささやいてみる。
 
自然:::
それは森、それは川、それは海、それは風、それは月、それは今ここに
 
手話:::
それはことば、それはきもち、それは架け橋、それはつながり
 
花:::
それはいのち、それは美、それは咲き、枯れることもある
 
詩:::
それは息をすること、それは都合のよい立ち位置、
それは湧き出る汗のようで、それはいつもそこにあるもの
 
 
わたしは
これらをたいせつにたいせつにしたい
 
これらと生きていたい
 
これらと生きていきたい
 
 
ことばにすることをこわがった21年間だった。
 
するとことばが縮んでしまった
 
ことばは美しい、ことばは不自由なもの、
ことばは増え続ける、失われてゆくものでもある。
 
わたしのことばに触れたとき、
なにが起こるかな。
 
なにも感じないのかもしれない、
意味がわからないかもしれない、
たのしくないかもしれない、
なにかが沸き起こるかもしれない、
 
なんでもいい。
 
 
わたしから出た、ことばです。
 
 
わたしの感じたこと、きもちを、
みんなに読んでもらえるようにことばにしたよ。
 
 
わたしが感じたことは、
そのことば以上のなにかだったり、
それ以下の静かさがあるのかもしれない。
 
 
どうかな?
 

のぞいてみてよ。
はるるるる