はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

もうすでにはじまっている


3/31がおわって
4/1になる。

だからといって私が生まれ変わるなんてことはない。

また明日も朝がきて、
昼がきて、夜がくる、はず。

京都の夜は

人がいなくならない。

どうしても人に目がいってしまう。


ほんとうは
風が、木が、星が、虫が、

そこらじゅうにいるのに。


そんな気配を感じていたい、

ちいさな、かすかな、ささやきを。


いろんなひとが
背中を押してくれたから、ここにいる。

川は流れ続ける。

私の鼓動もなりつづける。

川が流れるかぎり、大丈夫。



月を探して
おやすみなさい。