はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

記憶ときもち

片鼻の折れた豚の出てくる夢をみた

それは、なんて切ない、
それは、なんて愉快な、物語だったろう。

それを思い出せない。

わたしは一瞬一瞬をきもちいっぱいに吸い込んで、食べてしまう。

喉元を通る頃には、
つぎの感情が湧きあがっている。

毎瞬が輝き、色あせる、


多くのものが壊れてしまった、
失ってしまった。

もとどおりになるものもあるけど、
そればかりではない。

いつだってそうだけど、
いろんな思い、感情が渦巻いてるのが
今生きている世界なんだ。

残酷なほどにいまそれを感じている。


でも生きているのよ。


苦しいけど。


立ち止まっていいよ、

時計は忙しそうに秒を刻むけど。


風はやさしく背中をなでてくれるよ。