読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

なんてこのせかいは

徳島に還る折に

いつも会いに行く観音さまがいる


今日、久しぶりにごあいさつに行った。


いつだってやさしい眼差し、口元で
私を迎えてくださる。


今までのこと、これからのこと、
お話をした。

いつも見守ってくださっているので、
感謝のきもちがあふれだす。

自然と手をあわせる。
お辞儀をする。


ああ、
やっとまたここにかえってこれたんだ、

ほっとして、
こころは平和になる。


晴れた空は、まぶしくて、
吹いてくる風は、髪を踊らせる。



観音さまとお話をしているのを

水を汲みに来た男の方が見ていた、


すると

私に声をかけてくださり、
彼が作ったと思われる耳かきを手渡された。

竹でできた耳かき。


なんだろう、
この不思議な出会いは。


もう会えないのかな。

「さようなら」と言われたので。


葉っぱを透かして
太陽の光は私のもとに届く。


どこでだって、
見守ってくださっている。

今日の耳かきで
耳のなかをお掃除して、

火星に耳をすまそうかな。

f:id:harukerorin:20160602004702j:image