はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

寝顔


みっつ年下の
いもうとのとなりにねむる夜


すやすやねむる
かわいい吐息


ずっとちいさかったころ、
ばあちゃんちの帰り道

車の中で、
ねむりこけて
よりかかってきたかわいいねがお


その重さが

姉なのだと

思った。



今はもう、

よりかかってこないね。


かのじょはとってもすてきなおんなのこ


かのじょの憂いのとなりにいられるように


いつ、
よりかかってきてもらってもいいように


そう、
ありたいよ。

f:id:harukerorin:20160703200614j:image