はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

きょうはしゃべりまっせ。

はいみなさん、
こんにちは。

きょうは、あめ。
あめがふったり、
おもいきり晴れたり、
あたりまえのことだけど、
ひとには操ることができない毎日のお天気模様が
わたしをいつもほっとさせてくれるのです。

 

 



きょうはしゃべりまっせ。

そう。

 


「選挙ってオモシロイヨネ」ってお話。
ガハハ。みんなはどう?

 

 

 

 

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------



「投票スルトキ」


わたしは、実家を離れているので、不在者投票を行いました。

国政選挙はこの世に生まれて2回目です。
まだ選挙初心者マークを貼ったままです。(わたしの広いおでこに)


先のちょっと丸くなったえんぴつで、
政党名、立候補している人の名前を書く。

この瞬間。
なんともいえない、ドキりとする感覚。

家に帰ってからも、
投票したこと思い出して、またなぜか、ドキリとする。


なんなんだろうね?
この感じ?

2つくらい心当たりがある。



①選挙権をもつ人としての責任の重さ?
(マチガエマシタ、ヤッパリカエテクダサイというてやりなおしできないから?)

②投票したけど、この人で本当によかったのっていう不安?


かな。

みんなは、なにか感じた?特になにも?

 

 

 

 

 

 

 

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------

 



「そうよ、立候補しているひともおなじ、

 ただのいっぴきのにんげんである」



今まで生きてきて、
選挙ってそうそうなかったもので、
毎年あったのは学級委員長や生徒会長を決めるとき。

そんなときは
「アイツはアノ部活でがんばっとるし!

このまえ親切に手伝ってくれたし!うん、アイツなら!」
というふうに自分の1票を投じていた。

学級委員決めるときとか、たまに自分の名前も書かれたりするから、びびった!
(まあ結局は学級委員長にはなたことないけど!笑)

 

そんなふうに自分の身にも降りかかってくる感覚が身近なものとしてあった。


けれども、
今握りしめている1票を投じる相手は違う。

そういう、身内で完結するハナシではない。


候補しとるあのひと、

いろいろ自分の情熱訴えかけてくれよるけど、
どこ出身なん?なにが得意なんだろ?
趣味はナニ?てゆーか、どんなひとなん?


街頭演説とかで話する姿を見ない限り、実際に話をしない限り、
どんな大きさの(身長?器も?)にんげんなのかがわからない。


候補者のカレ、カノジョらの生態について想像する。
(ネットやポスターとかにいろいろ書いてたりするし)

そして、カレ、カノジョらを選んだ未来を想像する。


まあ、いろいろソウゾウして、
カンガエルのですが、


結局のところ、そんな彼、彼女らも、
オギャ~とこの世に生まれた1ぴきの人間なんよねえ。


この世で生きてきて、
うれしいことも、かなしいこともあったでしょう、きっと。


今、立候補して、
みんなに話を聞いてほしくて、
走り回っていると思う。
命をかけて。


候補しているみなさんは
わたしよりも長いこと生きている、
人生の大先輩。


大きな声で堂々と語る姿を見ると、

「なんかとてつもないエライひとなんか?」という印象をうける。


でもね、
服を脱いでまっぱだかになれば、み~んな、
だいたいおんなじからだのつくりをしている。

うちらよりも歳をお召しになった、ただの1ぴきのにんげんなんよね。


銭湯行ったりしたら、あるやん、
ああ~派手な服着とったオバハンも、はだかになったら、いっしょやん~って。



選挙も、
候補している人たちも、

決して、身近な存在ではないとしても、
決して、切り離せる存在ではないよ。



会ったことのないひとに、

自分の一票を託す。

みんなはなにを思って投票した?
投票したら、なにを感じるかな?


感想を自由にシェアできる場があればいいよなあ。
晩御飯をたべるとき、
教室で弁当を食べるとき、だれとでもいい。

なんか、ひとりだけで、思ったり、カンガエすぎず、
感じたこと、思いを渡しあえたらいいよね。

 

 

 

 

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------




「なにをカンガエルにも平和ありきだな」

 

 


ねえねえ。

本読みたいな~とか
ケーキ食べたいな~、とか、
キャンプ今週みんなで行こうかな~とか、
海外行ってみたいなあ~とかさ、
明日、アイツに告白したいなあ~とか、
将来、起業したい!とか
お花屋さんになって、みんなをよろこばせたいなあ~とか、
ほしい車があるんよね~とか、
親孝行するぞ~!ミテロヨー、とか、
焼肉食べたいなあ~とか、
のんびり寝てたいわ~、とか、


いろいろやりたいこと、
叶えたい夢、実現したいものってあるよなあ。


それって明日とか近い将来のものと
いつかやりたい!みたいな夢のようなものがある。

 


それって、毎瞬あたりまえのように、
欲求として心からあふれだしてくるけれど、

 


それらはぜんぶ、いま私たちが生きてる世界で
自分の努力やお金を使えば、実現できることがらだと思っているからだよね。

 

 

そこには
「平和であること」が最低条件として、

 無意識にあるってこと。

 



今が、一概に「平和である」とは言えないけどね。
ひとがひとを傷つけてしまう事件や悲しいニュースはたくさんあるから。


でも、いつのまにか戦争が始まって、
あれ?あのころは、平和だったんだって気づいたときには?

 



「安全で元気に毎日暮らせますように」って。

今の「平和である」状態を求める。の?



自分たちの夢の前に、
それらを実現するための平和な世界を願わないといけなくなるのかな。



何回も言うけど、もちろん、いまが、
「平和」だとは言い切れない。

その状態よりも、もっと、
こわい?きけんな?状態になった時に、

わたしの夢は?
かわいいこどもたちのいっぱいいっぱいの夢は?


どうなっちゃうの?


そんなん、


やりたいことを大声で堂々と宣言できる世界がいい。
みんなやりたいことを応援できる世界がいい。
みんながすきなことを伸ばせる世界がいい。
みんながこの世で、共に、生きていることをよろこべる世界がいい。


平和は求めつづけるもの。

平和を失う感覚って想像しにくい。



だからこそ、


うちは求めつづける。平和を。笑顔を。

いきいき生きることを。

 

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------

「選挙で立候補するって」



そんなん、めっちゃ勇気いるで!

自分の名前、顔をさらして、

自分の思いを、情熱を大声で世に放ったり。
なんか知らんひとからヤーヤー言われたり!?


でもな、

でもな、


ワシが!

ボクが!

ワタシが!

セッシャが!

 

みんなの声を届けるんじゃ!って、
候補したひとたちなんよね?(たぶんみなさんが)


きっとすごい葛藤があったと思うよ。


うちはカンガエルだけでこわい。

だって、落ちてみ~??


なんぼの人が自分に大事な票を入れてくれたんか、
なんぼの人が自分に望みを託してくれたんか、

顔の知らん多くのひとが、なんぼほど背中をたたいてくれたんか。


期待に応えられなかった、、、となれば

自分を責めるよなあ。



もちろん、そんなん覚悟で、立候補されたんやと思います。みなさん。


もしうちやったら、
落ちたら泣くどころか、もう、どこも行けんわい。悲しいわい。
まあそれくらい、わたしはよわい。ちっさい。


一方で、選挙で当選しても、闘っとるよねえ!

当選したところからハジマルもんね。

実現させることって、なんでもすんなり簡単にいかんじゃん、
状況は毎瞬変わるんやし。ハプニングありますよ、もちろん。

公約を掲げるものの、実現できなければ、
期待しとったのに~!ってまたがっかりされる。


こりゃ受かっても落ちても、
苦しみしかなくない??(勝手なイメージです、そんなことなかったらすみません。)


まあ、カレカノジョらはそんな精神的にも、肉体的にも、

キビシイ世界に突撃しようとしているわけ!


どうよ!
決して若くもない?(失礼?)体にムチ打って、いのち削って、
政界に向かおうとしているひとがいる!ってこと。


なあなあ、もしあなたが立候補するとしたら?

どんなきもち?

なにをする?


どんな仲間が集まるのかな?



どう?

 

うわ~、うちはぞくぞくするね。

 

 

 

 

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 



「ふりまわされてしまう存在があるということ」

 

 


たとえば、こども。
選挙権のない、ひとたち。
選挙に行けない声なき、声。
まだこの世に生まれていない、
わたしやあなたのこどもたち。

そして、自然界の多くのいのち。

そんなふうに、なんの抵抗もできずに、

取り残されたり、
世界にふりまわされる存在がいるってこと。


まあ、わたしたちも、
ふりまわされている存在なんやけどね、

うえで挙げた存在と18歳以上のわたしたちとの違いは

 

 


「イマなら、意思表示はできる」ってこと。

 


どう?

将来、子どもに、
「おとうさんとおかあさん、

 あのときってなにしよったん?」

聞かれてみ?


今が、明日につながっとるように、
今は、何十年後につながっている。



切れないんだよ。



「いま、えらぶ」
「いま、うごく」ってことがどんなふうに未来に現れるか、

 

 

はっきりとはわからない。




今も1秒、1秒が過ぎて、

明日には日曜日になって、


明後日には月曜日。



どんな7月11日、月曜日になるのか、

だれにもわかんないよ。


今、間違いなく言えるのは、
7月11日になったとき、
投票は終わっているということ。


なんぼ言うたって、
時間は戻らんもんね。


そんなん、みんな知っとるやん。



だけんさ、今だろう。


モガイテみよう。
カンガエテみよう。
シランかったら、ワカランかったら、
聞きやすいひとに聞いたらイイヨ。
うちも、ワカランことばっかりじゃよ。
いっしょに、カンガエル?

 

 

 

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 


「本来、選挙って政党のために一票投じるんじゃないよね。」

自分のため、

選挙権のないひと、
こどもたちのため、

森や川、海、虫たち、

自然界のいきもののため。



わたしたちは毎日、自然界に生かされているのに、


一部の人がつくった約束事でわたしたちの未来が揺らぐように言われている不思議。



まるでひとがこの世のことがらスベテを決めているみたい。

 

(実際、人がこの社会の仕組みを考えて決めているんだけど、

その約束事以外のところにある自然の掟みたいなものをわたしはずっと感じていたいなと。思っている。※ナニカ:たとえば、虫の一生とか。あ~、わかりにくい?ごめんごめん。でもね、そうなんよ。)

 

 

あ~、人の世と自然界のハザマでそんな違和感をずっと持ちながら、

わたしはにんげんといういきものとして生まれ、生きています。

わたしもただの1ぴきのにんげんやけん。

 

f:id:harukerorin:20160709115811j:plain

 おごちそうにあつまるみんな♪

 

 

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

「もう、いろいろ言うたけど」

 

あはは。こんなにしゃべるとは!!

やかましいなあ!って?

 

まだしゃべりたいことはあるんじょ?

 

 

 

とりあえず、

 

期日前投票不在者投票は今日まで!

あした行けるか心配なひとは今日のうちに行っとこ!!

 

 

ほんで明日!

 

7/10(日)

投票日!! 

 

納豆食うて行けよ!(もう何言よるやらわからん)

 

じかんは場所によってちがうみたいじゃ!

しらべて行ってつかはれ。

 

 

 

「おもっしょいじょ、せんきょ」

 

 

(まだしゃべんりよる…笑)

 

おもっしょいんよ、選挙って。うちにとっては。

 

ほなって、選挙速報とかでな、

1298票!とかって出るやん。

 

あ~、あそこにうちの1票が入っとるんじゃ。って、おもうんよ。

 

うちのほかに1297人入れとる~!とかな。

 

 

おもっしょうないで??

 

 

軽いゲームみたいなもんではない、

けども、悪いことするんちゃうけんな、

不安だったら、言うたらええよ、「どうしよう」って。

 

セイカイなんてありません。

 

政界だけに。笑

 

 

あはは、なんでもかんでも正解ってないやんな!

 

 

せーのっ!でみんな、自分の1票にぎりしめて、行こうで!

 

 

ごちゃごちゃ、ころころと、よ~うしゃべりました!

聞いてくれて、ありがとう!

 

 

なんか、おもうとこあったら、いつでも花しかけてね~、

いつでも菊よ~*

 

あ~、きょうも川は流れとる。

うれしいな~。

 

 

4745

 

 

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

***さんこうにしてはいかがでしょうコーナー****

 

エラボート:エラのついたボートではありません。ぼーっとしながら質問に答えて、どの候補者と自分の考えがマッチしているか。これを鵜呑みにするのはまずいけど、ひとつの参考として。どうでしょう?

vote.mainichi.jp

 

ポリタス

ポリタス:いろ~んなひとの視点で書かれたコラムとか、読みやすいものもあったり、

こころにぴんとひっかかるものがあれば!わたしは、ポリタスすきやなあ。

 

 

sealdspost.com改憲って?議席?3分の2?なんのこと?

ちょっと読んでみたら~、いろいろ書いてくれとる。

 

 

bylines.news.yahoo.co.jp

ほんまに?って思いながらも、いろんな情報に触れることって、大事ちゃうかな。

日本だけが、生活する範囲が、目に入りやすいけど、それだけが世界ではないから。

 

 

mainichi.jp

ずっと気になってる。手話言語条例ができたり、進んでいる部分はあるけれど。こんな肝心な場面でこのままって。なんなんだ。

 

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------

========

あとヒトコト!

 

いま、

 

情報があふれています。

溺れそうです。過激な言葉なんかも目にしたりして、こわいし、

素直に「いいね!」できない記事もいろいろあります。

何を信じればいいの?そんなふうに感じたり。

 

くるしくなったら一度、

 

「何も信じない」ようにする。

 

落ち着いたら、もう1回、読んでみよう、とか。

ともだちに聞いてみよう、とか。

 

いろいろ焦らせたけど、ちょっとずつ知っていこうだな!

 

今日、明日がみんなの1歩になるとええなあ!