はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

でてきた

その言葉、本音は

 

そっと、

 

わたしのくちから出てきた。

 

 

「鮎(あゆ)になりたい」

 

「鮎のように、

 川に生まれ、

 広い広い海に出て、

 大きな大きな世界を見て、

 もとの生まれた川に帰りたい。

 遡上して、卵を産みたい。」

 

わたしはまだ遡上できない。

 

したくない。

 

 

 

それでも、

 

遡上する日を想像している。

 

 

だいすきな、

だいすきな、

ひとたちが待つ、

 

徳島という、

 

わたしの生まれた場所。

 

 

177