はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

夏を思い出して

もうすっかり、

さむくなった。

 

おふとんがきもちよくなって、

こたつをだして。

あたたかいものがうれしい。

 

 

*

 

もう夏の暑さを忘れかけようとしている。

 

よく泳いだ夏だった。

 

 

夏には思いもしてなかったことを、今、わたしは思っていて、

 

夏には知らなかったことを、今、わたしは知っている。

 

夏には、なんでもなかったことが、今、すごく気になっていて。

 

夏から、今までに

 

出会い別れのくりかえし。

 

 

そんなふうに、

 

 

今、さむいことも

 

春が来れば、思い出すのかな。

 

 

*

 

いま、

 

なにをそんなにこわがってるんだろう。

 

 

229