読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

包まれる。

きょうも、

ありがとうがいっぱいのイチニチだった。

 

きもちのいい晴れたお天気、ありがとう!

 

からはじまった。

 

 

たくさんのしんぱいなこともあったことなんて、

ぜんぶわすれた。

 

 

お仕事中にみつける、ありがとう。

 

おめめぱっちりの顔を見て、わらっちゃう。

かわいくてかわいくて。

 

たいせつなものを貸してもらった。

 

化粧道具をいただいた。

 

ひっしになってさがしたかわいい土器。

 

カケラをみつめる。

手をころころ動かしながら。

 

 

どうしてもみつけたくなった。

 

かちりとあわさる瞬間、

このうえない喜びを感じる。

 

 

「もとのすがたになりたいのかな」

 

 

土器を手のひらに。

 

 

土器の声を聞く。

 

 

 

*

 

 

お掃除もぴかぴか、一生懸命やって、

報告も終わり、

 

「や、きょうも、やりきりました!!!」

 

と言えるくらいにつかれてあるいていた。

 

 

 

おとなりに、だいすきなおねえさんが。

 

 

彼女はいつだって、うつくしいひと。

 

わらったら、もっときれいで、かわいい。

 

 

 

彼女はさっき、わたしにいっぱいのしあわせをプレゼントしてくれた。

 

 

だから、わたしは、

原付で走りながら、「きゃーきゃー」言った。

 

 

ありがとう、

 

そればっかり。

 

 

ありがとうってことば、

このからだからあふれてくる感覚。

 

 

しあわせに包まれる感覚。

 

 

 

どうしよう!

 

きょうも、ありがとう!

 

 

 

514