はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

伝えること

 

 

ほんとうに伝えたいことって、

身近なひとや、大切なひとほど、伝えにくいなって。

 

 

最近知り合ったひとには、

相手に自分のことをどう思われているのか、

カンガエルための情報がすくない。

 

 

だから、

夢ややりたいことをパラッと言えちゃったり、

ごめんなさいも、ありがとう、だいすき!も、

 

すぐに言えたりする気がする。

 

 

 

 

*

 

 

 

家族に

ほんとうは言いたいのに、

言いにくいことがあった。

それは、このぶろぐのこと。

実は、たくさん書き留めていました。って。

 

 

 

恥ずかしさ、と、

 

 

 

今まで共に過ごしてきた時間から考えられる相手の反応を

いちいち勝手に想像してしまうから、

 

 

 

 

なように思える。

 

 

 

 

 

 

それは

怒られるかもしれないと想像したり、

悲しむかな、

笑われるかな、

 

 

 

だったり、

 

 

 

 

 

よろこぶかな、

ほめてもらえるかな?

 

とかいろいろ。

 

 

*

 

*

 

 

だいすきなかのじょが言った。

 

「ヒトとヒトの関係って、育てていくものだと思う」

 

 

そのことばを聞いて、

ほろりとこころをなでられたように感じたよ。

 

 

 

怒ったり、喜んだり、

悲しんだり、さびしがったり、

きもちを伝えあう。

 

 

 

 

それは

 

 

花に水やりをするのと一緒だね。って空にわらった。

 

肥料をやったり、植え替えをしてあげたり。

 

 

 

 

 

感じていることを素直に伝えることが

お互いを支柱にしていけるんだ。

 

 

 

 

ほかのひとに聞いてもらうのもひとつの手ではあるけど、

(わたしはそれをよくやる。

それはそれでそのひととお花しできるからすきだ。けど、)

 

 

 

本人に直接まっすぐに歩み寄ることが

 

いちばん、

 

育てられるのだとおもう。

 

 

 

 

じぶんのきもちも、

あいてのこころにも。

 

 

 

 

 

 

そうやって、

 

育てたいなって、思うよ。

 

 

 

 

さいしょは、こわいかもしれないけれど、

 

それは肥料。

 

 

 

 

そうやって、育っていくんだ。

 

 

 

きっと、花も、にんげんも。

 

 

 

*

 

 

みなさん、せっかくにんげんにうまれたのだから、

 

にんげんのことば、

 

にんげんのふれあいをたのしみませんか♪

 

 

 

きょうも、

 

 

たくさんの愛に、言葉に、触れました。

 

みなさんありがとうございまする!

 

 

723

 

 

f:id:harukerorin:20161126002440j:plain