読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

きらめく

こんなにもきもちよく晴れた日はいつぶりだろう。

 

 

 

夕暮れの空、

雲が赤く染まり、

山の木々のシルエットがくっきりと見えた。

 

 

 

きょうは、なんて、きもちのよい日なんだろう。

 

 

 

朝っぱらから、うれしくて、走って蛇口を握り、まわした。

 

 

 

*

 

 

 

 

勇気を出して、

正直にきもちを伝える瞬間、

 

どうしてこんなにも、

こわいように思えてしまうのだろう。

 

 

 

 

それでも、向き合いたいきもちが強いから、

 

うまくいかなくても、いいと、

 

 

伝える。

 

 

 

 

すると、

 

 

真正面から、

 

 

わたしのことを受け止めてくださって、

 

 

 

わたしのことをだいじにこれからのことも、考えてくれた。

 

 

 

 

どうして、こんなにも、

 

 

 

 

 

 

*

 

 

 

ある立場であるがゆえに、

 

遠く感じてしまう、存在。

 

 

 

わたしは、そこの境界線をあまりに意識していないために、

 

 

まわりのおとなの方から、

 

 

心配されたり、わらわれたり、する。

 

 

 

 

そんな存在の彼は、

 

わたしの目からみると、

 

 

なんてすてきなひとなんだ!というふうに見える。

 

 

 

しごとばの環境を整えるために、

いろんなものを準備してくださったし、

 

 

土器の接合のときには、

「キタっ!」と声を出してよろこぶ姿を見せてくださる。

 

 

「よい週末を」

って金曜日の夕礼にはいつだって、

ほほえみながら声をかけてくださる。

 

 

 

*

 

 

 

いやなひとなんて、ほんとうはいないのだとおもう。

 

 

 

どんなひとも、

 

 

じぶんのことを意識して、

 

 

相手のことを意識して、

 

 

関わりあっている。

 

 

 

 

 

かっこつけたいじぶんが好きならばそうするだろうし、

 

そのままのよわいじぶんをさらけだしたいなら、そうすればいいのだとおもう。

 

 

 

 

妙に、相手がこうだから

 

わたしはこうしているのに、

 

相手がこうだから、わたしはこうしなければならない

 

 

と思ってしまうから、つらいのだと思った。

 

 

* 

 

相手の言葉の裏をかいて、

 

[ほんとうは思ってないくせに]なんて思っているから、

 

 

ジブンの本音を

 

 

相手にぶつけられないんだと思う。

 

 

*

 

 

 

わたしは、いま、

ここでお仕事できていることがしあわせで、うれしくて、感謝しかない。

 

 

 

すべて必要なことだったんだって思える。

 

 

 

 

だから、すべてを感じさせてくださっている、環境やまわりの人たちに

 

 

 

ありがとう。そればかりがでてくる。

 

 

 

だいすきだよ。

 

 

 

かわいいね。

 

 

 

 

しあわせだ。

 

 

 

 

*って、言いたいなって、思う。

 

 

 

 

星がすっごくきれいだ。

 

 

おやすみ。


f:id:harukerorin:20161204102050j:image