読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

トキ

それにしてもすごい雨。

 

 

雨の音が、

 

ざあざあざあざあ。

 

 

 

静かな夜を濡らしていく。

 

 

 

*

 

 

 

こんなにもざあざあぶりの夜は

 

弥生人はどう過ごしていたのだろう。

 

 

 

 

*;

 

 

朝、日が昇ると目が覚めたのだろうか

夜、日が沈むと、眠ったのだろうか。

 

 

昼には昼寝をしたのだろうか。

 

 

夜には仲間と踊って歌ったのだろうか。

 

火を囲んだのだろうか。

 

 

 

 

 

 

*

 

 

弥生時代古墳時代

 

大昔を生きた人々は

 

 

衣食住、

 

すべてを自然からの恵みとひとびとの知恵で生み出してきた。

 

 

 

時間という概念もなかったのだろうか。

 

 

 

何時だから眠ろうか、

何時に起きなければならない、

3時のおやつ。

 

 

時間ではなく、

 

 

ただ、

 

息をして、

 

やることやって、

 

生きていたのだろうか。

 

 

 

 

*

 

 

その、やることってのが

 

今とは、まったく違う。

 

 

 

「生み出す」ってこと。

 

 

 

*

 

 

今は与えられるもののほうが多い。

 

 

 

情報も

モノも

衣食住。

 

 

だれかがつくったもの

だれかがうみだしたものをいただいている。

 

 

 

特に、情報ってのは、

 

あふれかえっていて、おぼれてしまいそうになる。

 

 

*

 

 

弥生人たちの手仕事、生活を思い出す毎日。

 

 

 

 

 

 

 

*

 

 

弥生人たちは、

なにを悲しんで

涙を流したのだろう。

 

 

なにに喜びを感じて

わらったのだろう。

 

 

いろいろ思いを巡らせるけれど

 

ほんとのほんとのところは、

 

いまと、そんなに変わらないのかもしれない。

 

 

 

 

 

なにもかわらずに

 

太陽もお月様もきょうも顔を見せてくれたのだし。

 

 f:id:harukerorin:20161213234507j:image

558