はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

きょうでうそつきなわたしを卒業します

 

きょうは、冬至

 

 

自然界の元旦だ。

 

 

 

どうりで、昨日の夜のお月さまに、

たくさん話かけて眠ったわけだ。

 

年明けをお月さまと過ごせてうれしかったなあ。

 

ありがとう、お月さま。

 

 

 

*

 

 

わたしは、うそつきだ。

 

 

つねに、正直に

きもちを素直に伝えている。

 

 

でもふとした瞬間に、うそが顔を出す。

 

 

パートナーに

 

イタリアンパセリを鉢に植え替えたかどうかを聞かれて、

 

まだ植え替えてないのに、

 

植え替えたって言ったり。

 

 

 

奨学金の猶予の手続きをずっと延ばして、

 

しまっていたり。

 

 

 

来年の2月にメキシコに行くことを

 

なんのために行くのかと聞かれて

 

勉強?と言ったり。

 

 

 

*

 

 

できてないことを

 

できてないと言えない。

 

 

見栄を張っているうそ。

 

 

 

得体の知れないもの

自分がまだ理解できていないこと、

決めていないことに対して聞かれたときに

 

答えないといけないって義務感を感じて、

 

相手を納得させるための?言葉(うそ予備軍)を言ってしまっている。

 

 

 

*

 

 

 

ほんとうは

 

 

できていないことはそのまま伝えられたらいいし、

 

 

やりたくないことも、こまっていることも、

こわいことも、ぜんぶ言っていいんだ。

 

 

 

わからないことはわからない。

 

 

決めてないことは決めてない。

 

 

 

 

*

 

 

 

それだけでいいのだ。

 

 

 

*

 

 

そろそろ見栄をはるのも、やめたい。

 

 

うそをついて不安になるのは、もういやだ。

 

 

きょうで、うそつきなわたしを卒業します。

 

 

 

今まで、たくさんのうそに助けられてきた。

 

 

たくさんのうそで安心もしてきた。

 

 

 

それとも、もうお別れ。

 

 

 

わたしは、

 

もっとほんとうのじぶんをさらけだして、生きていたい。

 

 

 

 

お月さまに、

 

なにごともさらけだせるように。

 

 

わたしは、

 

 

みなさんにも、

 

 

さらけだします。

 

 

 

 

 

どうか、

 

 

覚悟を!笑

 

 

 

 

 

 

今年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

685