読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

1ぴきのにんげんとして

 
 
 
 

今年はほんとにほんとに

泣いた。
 
よく泣いた。
 
 
 
 
 
かなしかった
くるしかった
つらかった
さびしかった
いかりもわいた
 
 
 
 
でも
 
 
そのあとには、
 
 
いつのまにか
 
わらっていた
 
 
おもしろくなっていた
 
うつくしいけしきがみえた
 
ここちよいかぜがふいていた
 
 
 
ああ、
 
 
こうやって生きていけるんだって
 
 
 
こうやって生きていていいんだって
 
 
思えた
 
 
 
✴︎
 
 
 
わたしはずっとにんげんに生まれたことに違和感を感じていた
 
にんげんとして生まれたことがいやでいやで仕方なかった
 
「どうしてにんげんに生まれてしまったのだろう」
 
小さい頃からずっと、
 
ずっと、思っていた。
 
 
にんげんがきらいだった。
にんげんはきたない。
にんげんがいやないきものだと思っていた。
 
 
「わたしは木に生まれたかった。虫に生まれたかった。石に生まれたかった。」
 
 
 
「にんげんてのはわたしのだいすきな、たいせつな、うつくしい自然をこわしてしまうんだ。」
 
にんげんを憎んでいた。
 
 
「どうしてにんげんに生まれちゃったんだろう」
 
 
大学生になっても
いろんな世界を知れば知るほど
 
憤る。
 
 
「にんげんなんて滅んでしまえばいいのに」
 
これも
ちいさいころからずっと思っていた。
 
 
 
✴︎
 
 
 
 
それでもわたしは、
 
 
 
 
 
にんげんとしてこの世に生まれた。
 
 
にんげんとしてこの世に生まれていた。
 
 
 
そして
 
 
にんげんとして22年間生きている。
 
 
 
 
✴︎
 
 
 
 
今年、やっと、
 
 
わたしは
 
 
 
1匹のにんげんとして生まれたことを
 
 
心からよろこべた。
 
 
 
わたしは
 
 
にんげんとして生まれたからこそ、
 
たくさんのだいすきなひとと言葉を交わしている、
 
 
あくしゅをして
 
 
からだをぎゅっとできる、
 
 
いっしょにかなしいもうれしいも
 
感じあえる(ほんとのきもちはわからないけど)
 
 
おいしいものをおいしーーー!と
言っていっしょにたべられる
 
 
 
それは
 
 
わたしがもし、
 
お花に生まれていたら、
 
カマキリに生まれていたら、
 
石に生まれていたら、
 
 
できなかったことかもしれない。
 
 
 
 
 
にんげん。
 
 
 
1ぴきのにんげんとして
 
生まれられた、からこそ、
 
経験できたことばかり。
 
 
 
 
ありがとう!!!!
 
 
 
っておもえた。
 
 
 
 
 
✴︎
 
 
お父さん康之!お母さん悦子!
そのまたお父さん、そのお母さんが
いなけりゃ、
 
 
わたしは生まれてこれなかった!
 
こんなこと、思えなかったわけで!
 
ありがとうでいっぱいなきもちになりました。
 
 
 
 
これからも
 
1ぴきのにんげんとして
 
生きてまいります。
 
 
 
 
出会ってくれたみなさま、
 
 
いつもちからをわけてくれる自然界のちのち、
 
 
 
ほんとにいつもありがとう。
 
 
 
なんかあったらさ、
いつでも声かけてくださいよ。
 
 
これからもよろしく〜✴︎
 
f:id:harukerorin:20170101005740j:image