はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

杉神社

 

杉神社に行くと、

 

「見守られているなあ」というきもちになる。

 

 

 

だれになのかは、

 

はっきりとはわからないけど、

 

 

居ることが、

 

 

在ることが、わかる。

 

 

 

 

 

*

 

 

 

杉神社に行くと、

 

 

 

思い出させてくれる。

 

 

 

 

いつも、息をしていること。

 

 

いつも、心臓が動いていること。

 

 

何かをさわっていること。

 

 

何かを感じること。

 

 

 

 

*

 

 

することすべて、

 

 

自分がやっていることなのに、

 

 

なぜか、

 

 

わすれている。

 

 

 

 

そんなふうに、

 

 

なんとなく通り過ぎてしまっているきもちがアルのだ。

 

 

 

通り過ぎて、

 

わすれてるけど、

 

 

 

 

きょうみたいに、

 

 

思い出させてくれるから、

 

 

「だいじょうぶなのだ!、ありがとう!」と思ったよ。

 

 

 

 

 

260