はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

ゆめで

 

まっしろい真夜中

まっしろい霧の中

 

家族といとこ家族と車で山道を登る

 

 

くねくね道を走り続ける

 

 

 

すると右手に白い馬がスッとたたずんでいる

 

もしかしたら白骨化した馬の骨が立っているのかもしれない

 

 

そんなことをおもった

 

 

 

 

 

途中で車を停めて歩く

 

 

 

霧の中

 

 

 

離れ離れにならないように、歩く

 

 

 

 

するといとこ家族が少し離れてく、

 

お父さんの妹が来ない、

 

 

 

少し不安になった

 

 

 

 

でも顔を見せてくれて

 

ほっと。

 

 

 

 

 

*

 

 

 

その後のことは覚えてないなあ。

 

 

そのあとは、メキシコに行く荷物をパッキングしていた。

 

 

 

 

219