読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

いい意味で「意味わからん存在」

【いい意味で「意味わからん存在」】


このことばを、
だいすきな後輩からもらった。




彼のことをなぜか
やたらとおうえんしたくなるし、
いろんなことをそそのかしてしまう!
いろんなことを吹き込んでやろう!





*



わたしはずっと「意味」を求め続けてきた。




大学生のころ、
わたしは、
なにかをするとき、
どんな意味があるのかをずっと大事にしていた。






なぜか?





だれにだって、応援してもらいたいし、

だれにだって、理解してもらいたいって思っていたから。






とにかくだれかにわかってほしかった。






だれかが納得してくれるような、意味を求め続けた。



求め続けた、というか、

たくさんの意味をつくった。




これをやれば、だれかの役に立つよね?

これをやれば、なにかが変わるよね?

これをやれば!これをやれば!







だれかが、ほめてくれるよね????






ほんとは、だれかの役に立つ、とか、
なにかを変える、っていうより、




ほんとうはだれかにほめてほしかったんだ。




*


ぎゃくに言えば、


だれかの役に立たないと、


なにかしおもしろいことをしていないと、






だれからも認められないんじゃないかって、


こわかった。





じぶんの味方になってもらうために、


意味、意義をつくった。何度も。





でも、



でも、





意味ばかり求めていると、


「やる」ってことよりも、

意味ってものの重たさに身動きができなくなっていた。



*






身動きがとれなくなって、すごく、すごく後悔したことがある。







*


大学4年生のとき、
わたしのたいせつな場所だったビオトープの上に大講義棟が建てられることになった。
(たいせつな場所「だった」って書いてるだけでも涙が出てくる)
f:id:harukerorin:20170406011458j:image



わたしは、なにか、したかった。





わたしは、どうしてつくるの?とか
それってほんとうにひつようなの?とか、




大学を経営をしてるひとに、
ひとこと聞きたかった。





在学してる1人の学生として。

ただ、そのばしょを愛するひとりのにんげんとして。








先生たちは、
わたしにビオトープの上に大講義棟を建てるらしいって、さびしそうに嘆いてた。








ああ、

それなら、

ビオトープでおもしろいことすれば、
「ここ、たのしいし、だいじなばしょだよね!」
って学生のみんなも気づくかもしれないし、
大学のことを決めてるおとなたちが振り向いてくれるかもしれないって。





でも、



わたしは、なにもできなかった。






動き出せなかった。







卒論、ほかのこともあり、
なんだかんだで、いつのまにか卒業してた。







今も建設中の大講義棟。


f:id:harukerorin:20170406011403j:image

みんな、いきうめ。






今も、大学に行くたびに、
くやしくて、くやしくて、

じぶんがいやになる。









そんなふうに自分がやろうとすることの意味ばっかりおいかけてたら、


意味ばっかり、考えてたら、


なにもできないじゃないか。






*


そんなわたしの荷物になってしまうような「意味」ってやつは最近、べつにいらないような気がしてる。





だって、

いままでわたしがやりたくてやってきたことって、



ほんとのほんとは、

「意味(理由)」なんてなかったから。








わたしは、


ただそれが、


「やりたかった」



ただそれだけ。





川で泳ぎたいから泳いだ。


はだしで歩きたいから歩いた。


かえるがすきだから、わたしはかえるちゃんって呼ばれてるんだし。



自然のなかに身を置いてることがしあわせだから、そうしてるし、そうしていたい。



たいせつなひとにつたえたいことがあるから手紙をかく。








やってることって、


ほんとはとってもしんぷるだった。




そしたら、

するすると流れてゆく、


おもいきり、出し切れるところまで。



*



むつかしいことを言いたいひとは、

言えばいいと思うし、

理屈がたのしいひとは

それをたのしめばいい!






でもわたしのちいさな脳みそは、

それなしで、

ほぼ、本能のまま、生きることが、

じぶんにいちばんいいんだ。







ああ、

ひとりのにんげんになろうと努力したわたし、

おつかれさま。




ああ、1ぴきのにんげんのわたしが、

ちょうどいい。



(わたしの感覚)





*





意味に振り回されちゃうくらいなら、



意味なんか置いといて、やりたいこと、ぜんぶやっちゃうんだ。







ひとのために意味なんて作ってる場合じゃない。



わたしのために、

わたしがいいとおもったことを

ぜんぶやるだけ。








ていうか、
「意味わからん」

ほうがおもろいやん。




「意味わからん」ほうが

気になるやん。??







「意味わからん~!」
そんな違和感が、
日常に、色を添えていく。


おかげさまで、
家族にも「意味わからん!」いただく・





わはは。



かんたんに
わたしのこと
「わかる」なんて

言ってんじゃないぜ~~?




だれも、


だれかのことを「わかる」ことなんてできないんだ~!












「意味わからん」がほめ言葉。


しあわせハッピー野郎!最高。

 

 f:id:harukerorin:20170406003856j:image

 

1799