はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

「と」

 

胸の奥が

 

「どこかにゆきたい」

 

 

 

「ここからとびだしたい」

 

 

そんなふうにさけぶなら、

 

 

 

それは、ほんとうに、そういうことなのだ。

 

 

 

 

 

胸の奥から出てくるそれを         。

 

 

 

 

 

聴いて、

 

 

 

 

そのように、してみる。

 

 

 

 

 

 

「自然な流れ」に流れて行ける気がする。

 

 

 

 

 

 

 

*

 

 

 

 

胸の奥の声を封印してしまっていては、

 

 

なにか、苦しみが生じ、滞る。

 

 

 

 

 

それがなにかわからないけど、

 

 

 

 

そんな気がするのだ。

 

 

 

 

 

*

 

 

 

 

テ と テ

 

コ と バ

 

ヒ と ミ

 

 

 

 

 

「と」でつながる言葉たち。

 

 

 

 

 

 

だれもが、なにかとつながれる。

 

「と」で。

 

 

 

本 と _________

 

 

花 と _________

 

 

あなた と _________

 

 

 

 

 

 

だれもが、なにか「と」、在る。

 

 

 

 

 

「と」が、離れることなんて、死ぬ頃にしか、ないのでは?

 

 

f:id:harukerorin:20170604052909j:plain

 

 

 

 

 

295