1ぴきのにんげんのおハナシ♪

1ぴきのにんげんといういきものが地球に生まれて、生きるなかで感じていること、考えていること、を、ことばにして、ここにあつめています◎

わたしへ♪

わたしへの手紙を書きます。

なかなか昨年のことをふりかえることができないままに

新しい生活環境で、動き回っていた。

やっと、今、

それができそうなので、ここに残しておきます。

 

手書きで書いて、

自分の手帳のなかにはさんでおいてもいいのだろうけど、

オープンな、ブログというところで、書き留めておきます。

 

*

いま、たいせつにしたいなと思っていることを

なんの分け隔てもなく、あふれてくるままに、そのまま綴ります。

*

小さくても、少なくてもいいから、

買うことができる値段であれば

ほんとうにほしいものを お金を出して、買う ということをする。

 

お金を払うことは、応援すること。

 

安い、とか、質は落ちるけど沢山入っているから、というよりも

 

永く、大切に、たいせつに、したいなあと思えるものを 選んでゆきます。

 

ほんとうに 遠慮はしなくていい。

 

遠慮せずに

わからないとか、

困っているとか、

やりたい!とか、

 

意思表示をしてよい、ということ。

相手のこと、

自分のことを、

信頼する。

 

素直に、伝えてよい。

 

先入観にとらわれず、

まっさらなきもちで、

 

毎日の再会を繰り返す。

 

家族とか、パートナーとか。

身近なひとほど、

自分の想定内のなかに押さえ込んでしまわないように。

 

みんな

無限の可能性をもっているのだから。

 

 

肉体を 休めるということ。

 

労わる。

 

無理をしなくて だいじょうぶ。

 

 

完璧を 求めなくて、 だいじょうぶ。

 

完璧を求めずとも、 もうすでに、 完璧が用意されている。

 

安心して取り組めばいい♪

 

 

 

自分が

「こんなのあったらいいなあ」「ほしいなあ」

と思うものを

声に出してみる。

 

そしたら、

事が運んでゆく。

 

自然な流れで、運んばれてゆく。

 

 

チカラを抜いて、

ただ 感謝をして、

生きるのみ。

 

 

 

♡ハートの

ふるえるままに

生きること。

 

 

 

たべたものが

 

肉体を

 

作ってくれる。

 

エネルギーに変えてくれる。

 

 

絵を描けば、

わたしが食べたお米が

絵を描かしくれたということ。

 

わたしが、

動いているのではない。

 

 

食べたものが、

わたしを動かしてくれている。

 

 

命の連鎖。

 

 

 

年齢で測ることって、

 

結局のところ、なんの説得力にもならない。

 

 

それぞれの見てきた世界は違う。

 

それは 年齢には関係がない。

 

年齢にとらわれない

ただそのひとの瞳を見れば、それだけでよい。

 

 

 

ありがとうのことばを

 

どれほど、

 

伝えても、

足りないくらいの感謝が沸いている。

 

湧いている。

 

精一杯、

死ぬまで

生かしてもらう。

 

 

ありがとう。

 

 

 

983