1ぴきのにんげんのおハナシ♪

1ぴきのにんげんといういきものが地球に生まれて、生きるなかで感じていること、考えていること、を、ことばにして、ここにあつめています◎

2017の人体実験結果報告

昨年いっぱい

わたしは

自分の体で人体実験をした

 

 

*

昨年2月の

メキシコでの1か月の滞在から

日本に帰ってきてから、

わたしは、どこかの会社に所属することなく、

 

「たった1ぴきのにんげんといういきもの」

 

として生きてみようという気持ちになった。

 

 

*

 

メキシコでの生活は

 

わたしのハートが超オープンになるような そんな感覚。

 

日本とか、メキシコとか、関係なく、

地球のどこでも、

多くのおとなになったにんげんという生き物は

寝て、起きて、話して、食べて、セックスして、働いてる、家族がいる。

 

あたりまえのように、

 

みんなが働いていた。

 

 

 

メキシコ人は働き者だから、

アメリカのメキシコ人労働者のみなさん居なくなったら

アメリカはまわらなくなるって いうのを聞いた。

 

 

あと、国民性というのか わからないけど、

 

メキシコ人は すごくおおらかで、たのしそうで、

わらってた。いろいろテキトーやけど、みんないい顔してた。

 

 

*

日本に帰ってくると、

 

地球のどこでも よく言われてる

「真面目気質」とか「時間に追われてる」とか

 

本当にそれがよーくわかった。

 

 

そんなこんなで、

会社で働く気分にもならず、

 

わたしは、

なんとかして、

生きていこう!という 根拠のあるようなないような、

でも なんだか大丈夫な気のするほうを 選んだ!

 

 

「わたしは ただの 1ぴきの にんげんといういきものです」

 

 

お金には 余裕はなかった!

 

でも、 本当にたくさんのお仕事をすることができた。

 

 

本当にたくさんのかたが 声をかけてくださった。

 

「ちょっとこれやってもらえん??」て。

 

 

行きつけの食堂の厨房のお掃除、

畑ではっさくや梅の収穫、

足が痛いおじいさんの代わりに庭掃除、

空き家の大掃除、

空港で名探偵になったり、

身を置かせてもらってたアトリエでお茶を出させてもらったり、

染物作家の方のアシスタントをしたり、

地域の水族館の短期職員をしたり、

ユリの種まきをしたり。

 

 

 

いやあ~、

いろいろ屋さんしました!

 

 

それはそれは、

ほんとうに、毎回自分を試してもらっているようで、

とっても勉強になる。命がけでやってる感覚。

 

生きてるなあ、

お役に立ててうれしいなあ。

 

 

 

こんなふうに、

身近なひとの力になれるのは、

すごくしあわせ。

 

わたしの生命の使い方のひとつを教えてもらった。

 

 

本当にありがとうございます。

 

 

 

*

わたしがやっていたことのひとつ。

ハートマネーなカフェ。

 

私は昨年の正月に無性に「お賽銭箱」が欲しくなった。

 

 

パートナーがなんでも創る なんでもやさんで、

 

時間の余裕のある7月とかに「ほしいものない??」って聞かれて、

わたしはすぐに「お賽銭箱」って答えた。

 

彼は何に使うかとか、一切聞かず、

「わかった」って言って、作ってくれた。

 

 

職人技を駆使して、

ほんとにうつくしい お賽銭箱を作ってくれた。

 

 

ほしいといったわたしも

お賽銭箱の使い方がはっきりわかっていなかった!!!!!ぷぷぷ

 

 

 

そうして、

 

秋ごろ、 ついにお賽銭箱が動き出す。

 

 

わたしの隠れ家にしてくれていた場所は

アトリエ兼カフェのようなフリースペース。

 

 

わたしは、そこで、カフェをしたくなった!

 

 

生まれ育った阿波の郷土料理「そば米汁」を出したり、

野原で採ったねこじゃらしやドクダミをお茶にしたり、

パートナーが釣ってくれた魚を甘露煮にしたり、

拾ったシイの実で椎の実ご飯を作ったりした。

 

 

来てくださった皆さんが おいしそうに食べてくれて、

 

すごく うれしかったし、

 

チカラを貸してくれたパートナーや

場所を快く使わせてくれて、ディスプレイなんかも

いろんなセンスを教えてくれたアーティストのともだち と

 

一緒にナニカをできることがうれしくって。

 

 

 

お賽銭箱に入れてくれた おきもちが

 

ほんとうに あったかくて、

 

 

ほんとうに あらゆる面で

サポートしてもらっているなあ というのを

 

身に沁みた。

 

感謝のきもちを どう 表してゆこうか

 

それを わたしは ずっと 考えて いる。

 

 

 

お金 = ♡

 

 

お金を払うときに わたしのきもちをのせて お渡ししたい。

 

 

わたしが みなさんから 多くの 受け取ったものを 

 

廻らせてゆきたい。めぐり めぐる。

 

 

みなさんから

 

いただいた おきもちを

 

大切に たいせつに 

 

まわしてゆきます〇

 

 

 

実験途中につくったものがある。

 

「とびだす かえるの まほう チケット」

 

 

なにか かえるの手がひつようなときに

呼び出す 魔法のチケットである!!

 

 

対価は 自由。

 

 

物々交換もOKで

お金の場合はハートマネー♡

 

お互いが話し合って、お互いがいいような価値交換を決める。

 

 

わたしは、これが、だいすきだった。

 

 

 これは 今後も つづけてゆく つもり。

 

今、持っておられる方、

有効期限はありません♪

 

 

必要な時に お声かけください〇

 

f:id:harukerorin:20180402202841j:image

 

 

 

 

明日から

 

 

わたしは

小学校ではたらく。

 

 

今まで 遠ざけてきた 場所!!!

 

しかし、

 

わたしのイノチの使い方を 考えたときに、

 

次のステージは 学校だった。

 

 

 

未来の 種を たいせつに たいせつに したいなあ。

 

可能性は∞ どこまでも 広い世界で 生きましょう。

 

いっしょに いっしょに のびてゆきたいなあ。

 

 

そんな きもちです。

 

 

 

ただの 1ぴきの にんげん どうしで 出会いましょう。

 

 

 

今までの 道のりをサポートしてくださったみなさん

 

ほんとうに ありがとう。

 

 

 

わたしは、

自分なりの表現をして

生きてゆきます。

 

 

次のステージ でも 実験は つづく。

 

 

 

みなさんが すこやかな せいかつを 送られていますように。

 

 

 

 

2202

 

 

love