はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

なみだのあとさえ

ダムに沈む

 

とはどういうことなのだろうか。

 

いま住んでいる街が、山が、家が、思い出の場所が

水の中に沈んでしまう。

 

これは、なくなってしまう、ものではなくて、

奪われるものだ。

 

ダムに奪われる。

 

ダムに、いままでの思い出を奪われる。

 

こんなかなしいことがあるんだろうか。

 

沈んでしまうのならば、と、

わたしはそこを潜るだろう。

 

なみだでダムは決壊。

 

なみだだけじゃない、あせ、げろ、うんこ、おしっこ、

 

にくしみ、うらみだって。

 

おおくのいのちがそこに沈むことになるということ。

 

なんで。

 

今、だむなんだ。

 

どうして、だれが得するんだ。