はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

もちあるく

日々、電気をもちあるく。

 

 

たまに行く街や、移動のときに

 

ふと、iPhoneの充電が少なくなっていることに気づく。

 

 

 

それを不安に感じている自分にも気づく。

 

 

 

 

充電が切れると、

電話やメールができず連絡がとれない、

時間がわからない、写真が撮れない、

行き先へのルートがわからない、

汽車の時間、乗り換えがわからない。

 

 

 

でもこれらは、本当はiPhone無しで解決できること。

 

それでも、血眼になって充電する場所をさがす。

 

 

なんだかとってもおかしなことになってるなぁ。

 

 

 

 

いつのまにか、

だれもが持ってる四角い平たい板が

この世界を社会を動かす種にもなってるんだなぁ。

 

 

それでも、電池が切れれば、ただの板。

だれもがもってる万能のような薄い板。

 

 

 

血眼になって、獲物をさがした時代から、

血眼になって、電気をいただける場所をさがす時代に。

 

 

 

電気、分けてやろうかぁ~と、

 

雷様、がわらっちゃう。

 

 

みんな、いっぺん、雷に打たれてみる?