はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

飛びこむ、瞬間


スカートのまま飛びこんで泳いだ午後。

すごくこわかった。飛び込むまで。

浅すぎないか、
岩がないか、
転ばないか?

でも飛び込む前の
この気持ちをわたしは愛している。

飛び込んだあとには、
川の気持ちよさ、
川の流れ、
ちいさな命が蠢く世界がある。

しあわせで、しあわせで。

じぶんの体をすり抜けて、
川の水は流れてゆく。

川に体を浮かべて、
見上げる景色。

空、風に揺れる草たち、
飛んでゆく鳥、橋、。

じぶんの目で、体で、
川を感じられている、
その瞬間が尊く、
このうえなくしあわせだった。


わたしは生きている。
生きていることを思い出した。
目が覚めたように。

今は京都。
ほんのすこし前まで清らかな川の流れに身を置いていたのに、大地の地下を走る乗り物に乗って、私は京都の宿に戻った。

どこに行っても、

今もずっと、

川は流れている。


とめどなく、ひろいひろい海へ。


川からあがると、

どこからかうたがきこえた。

でもだれもいなかった。



f:id:harukerorin:20160508222202j:image