読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

あたりまえにあるからだ

ひさしぶりに

 


じぶんのからだに

 


「きょうもおつかれさま、ありがとう」を言えた。

 


よく、1日中くつしたをはいて、
くつをはいて、あるきました、すわりました。


はなしました。
おしっこもうんちもしました。
たべました。
のみました。
うたいました。
かんがえました。
かきました。
よみました。
さがしました。
あらいものをしました。
りょうりをしました。
ふくをぬぎました。

そしてあたたかいおゆのなかにはいりました。
つぼをおしました。ねそうになりました。

ここにあげられないくらい、


きょうのわたしのからだはよくうごきました。



すごいすごい。

ありがとう、きょうもおつかれさま。


ケガをしても、
熱が出ても、
ご機嫌ナナメでも、
おなかが痛くても、

雨の日も
晴れの日も
春、夏、秋、冬、


いつも、

生きてくれているね。


すごいすごい。

音楽を聴いて

揺らせるからだがあること、


だいすきなひとと

握手ができること、


あたりまえにある体、

あたりまえにあるからだ。


ありがとう。おやすみ。あしたもよろしくね。

 

395