はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

~nokuseni

~のくせに

 

 

ってどう??

 

 

 

 

先日、

仕事帰りに

ブイブイ言わせながら猛スピードで走る原付に追い抜かれた。

しかもおっさん。

 

 

「おっさんのくせに、はやいっ!しかも、バイクやたらやかましい!」

 

 

 

ぽろっと出てきた、

「~のくせに」

 

 

 

おっさんも速く走ってもいいし、

おっさんもやかしいバイク乗りたいんよな。

 

 

こどものくせに

大学生のくせに

女のくせに

男のくせに

 

 

すぐに、

 

 

どんなことだって

 

 

「~のくせに」って言えてしまう。

 

 

こわいよ。

 

 

 

でもね、

ほめられるときはちがうんだ。

 

 

「~なのに!」

 

 

女やのに!

こどもなのに!

大学生なのに!

 

すごいねって言われるよね。

 

 

 

みんな、

いっぱい、分類分けをする。

 

 

それぞれのイメージをそれぞれがもっている。

 

無意識に。

 

 

 

女はこういうもの。

こどもはこういうもの。

おっさんはこういうもの。

 

 

ほんとうは、

 

だれだって、

 

だれにも似ていないし、

 

たったひとつの存在。

 

 

 

女だからとか、

男だからとか、

こどもだから、とか、

 

もう、わたしにはいらない。

 

 

 

はるなのくせに、

はるななのに、

はるなだからねえ。

 

 

あはは。

 

 

 

どうおもう?

 

 

 

 

431