はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

舞う

こんなにもまっしろなせかい

 

はじめて。

 

 

 

*

 

 

そう、世界は明るかった。

 

 

 

この世に生まれて目を覚ましたとき、

 

 

この世界はまぶしかった。

 

 

 

 

まぶしくて、見えなかった。

 

 

 

 

*

 

 

 

 

しろい、

 

ちいさなつぶがあつまると

 

 

こんなにも世界は変わるのだ。

 

 

 

 

 

お天道様は

 

 

どこにこのつぶをかくしていたの?

 

 

 

つぶたちはあつまると

 

とってもおもたい。

 

 

 

 

きんきんにひえたてのひらに

 

まいおりるつぶ。

 

 

 

 

 

 

*

 

 

 

 

世界はこんなにも明るいじゃないか。

 

 

 

 

 

 

つくしいね。

 

 

 

 

 

190