はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

雷様と1ぴきの動物

しろいそらからふってくるのは、雨

 

 

 

*

 

きのうの雨のかえりみち、

 

わたしは見てはいけないようなものを見た気がした。

ひとりぼっちで、それを見てしまった。

 

 

 

採石場のような場所は山の素肌、石がむき出しで、鋭い雨に打たれている。

絶壁からの土砂の滝、それは激しく下に向かって、川に落ちて流れる。

 

 

 

 

わたしは絶叫せずにはいられなかった。

 

 

 

 

悲しみのような怒りのようななにかがあふれてきて、

 

 

動物の私が吠えた。

 

 

 

 

ことばにならない、なにかを、唸り、叫んだ。

 

 

 

 

*

 

 

 

山に「痛かったよね」って言うし、

石に「さみしいよね」って言う。

 

 

 

暗い空に濡れた森の中で、1ぴきの動物はそう、したの。

 

 

 

 

 

大雨に打たれながら、

からだは冷えてゆく、

雹のような粒も降ってくる。

 

原付で、落石注意のみちを走り続ける。

 

 

 

 

だれかに「こわいよたすけて」を言いながら。

だれかに「ごめんなさい」を言いながら。

 

 

 

 

 

ほんとに人間は、か弱き、いきもの。

 

 

 

 

*

 

 

今日も雷様はだれかとおはなししている。

 

 

わたしたちはイヤホンなどをして、雨音も雷様の声も聴かずにいられる。

 

 

この、耳をふさいでいられる時代。

 

 

SNSなど、ひとごとを覗いて自分のことから目をそらすことのできる今。

 

 

 

わたしは、きのうの動物の声を、

ゆっくり、ゆっくり、にんげんのわかるようなことばにしてゆきたいし、

ことばにせざるをえない衝動にかられている。

 

 

 

雷に打たれた。

 

 

わたしは目をヒラキ、

 

 

 

今日もこの地に眠る。

 

 

 

 

 

だれもが守られ、生きている。

 

 

 

f:id:harukerorin:20170601173858j:plain

*

 

589