はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

所有しようとしないこと

やはり、

にんげんは欲深いもので、

 

すきなもの、

愛おしいものをそばに置いておきたい。

 

ひとに媚びず、

ひとに流されず、

そのままのきもちを表現したい。

 

わたしのものにしようとしない。

 

わたしだけのものにしようとしない。

 

欲深くなく、

わたしはわたしを生きる。

 

わたしは、わたしを愛す。

 

わたしはわたし。

 

あなたはあなた。

 

だいすき。

 

木にし杉ては池ない。

 

あなたといる、

いま、のわたしがえがおでいる、

ということが限りなくしあわせで、

 

わたしがもっているものはわたしではない、

わたしはわたし。

 

わたしがもっているのは服ではない、靴でもない、お金でもない、

 

わたしはわたししかもっていないのだ。

 

だから、持とうとしない。

 

もうすでに持っている。