読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるるるる

川のながれのように。川をながれるように。

使い切られたトイレットペーパーを新しいのに替える。そんな人生を送りたい。

 

使い切られたトイレットペーパーが待つ、

 

トイレにわたしは、入りたい。

 

 

 

 

 

小学生のころから、

 

トイレットペーパーがなくなってるトイレに入るのが、

 

わたしにとってのちいさなラッキーだった。

 

 

 

 

*

 

 

 

トイレットペーパーがなくなってたら、

 

わたしは、新しいトイレットペーパーをセットすることができる。

 

 

 

 

たまに、

 

 

ペーパーを支える棒が転がったり、

 

バネが飛び出てきたり、大変なこともある。

 

 

 

 

でも、わたしは、

 

使い切られたトイレットペーパーのトイレでは、

新しいのをセットせずにはいられないのだ!!!

 

 

 

 

 

つぎのひとはあたらしい、ぶあついペーパーを使うのや~♪

 

 

 

そんなことを想像しながらセットする。

 

 

 

わくわく。

 

 

 

 

たまに、うれしくなって、

逆三角に折ったりして、得意げなかおをしてトイレから出たりもする。

 

 

 

 

 

ひひひ。

 

 

 

 

 

もし、わたしが自由にしていいアジトや空間をつくるときには、

 

 

トイレをおもいきりたのしい空間にするゾ。

 

 

 

 

トイレから出たくなくなるような。

 

 

 

 

トイレになんども行きたくなるような。

 

 

 

 

(おなかをくだすような食事をつくれば、みんなトイレからでれなくなっちゃうネ)

 

 

 

 

 

 

f:id:harukerorin:20170406003300j:image 

447